スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時が経つということ。

ブログを更新しようとして
ヤフーで検索し(ブックマークしてないパソコンだったから)
間違えてFC2の前のヤプログの方をクリックしてました。

出てきた画面と文が懐かしすぎて読みふける。

今年の12月で4歳になるちきが1歳後半の頃が一番
アレ的に悩んでいたなあ。
ぶっちゃけると、ちきが生まれた頃から我が家はごたごたしていて
私はいつかシングルになるんじゃないかと思っていました。
なんとか再構築しようと努力していたこともあって
アレっ子育児に夢中になることで
そのバランスを取っていた感じ。

そのバランスもだんだんとれなくなって
結局いっぱいいっぱになり
私は自分に精一杯になって
アレっ子パンもお菓子も作らなくなって今に至る。
(作らないとコツを忘れて失敗が続くので断念しているのもあり)
ブログを読み返して思い出すこともたくさんありました。

私、若かったな~。
あの頃は先に進むのが怖かったなあ。
いかにも先の見えないトンネルの中に入ってますって感じ。
アレルギー的にも、個人的にも。


それでも、息子に関して言えば
以前は食べられなかったものを食べても平気になっていたり
「小柄な子」でいつまでも80センチを着ていたのがさすがに90センチになったり
おとなしい子だったのがいたずらいっぱいギャングになっていたり
何時の間に?と思うほど成長してます。

卵も小麦も完全除去のままだけれどね。

今自分自身が、成人型アトピーなのかどうなんだかわからないですが
薬を飲んで食事をしています。
薬さえ飲めばまったく痒くなくて何でも食べられる気がするんだけれど
調子が良いからって2~3日飲み忘れたら
(↑忘れすぎです)
たちまちブツブツだらけに。

ちなみに今は連休で実家にお泊り中ですが薬を忘れてしまい(おいおい)
痒い。痒い痒い~。

そんな私なので、私自身が体質と除去と薬のバランス、
治ることや食べられるということについて考え中。
なかなかちきに小麦をトライさせることが出来ずにいます。


ちきが小さい頃は
「自分は食べられない」をどう教えよう、どう捉えさせよう、と
めっちゃ悩んでいましたが
今のちきは、
「これ食べられる?」とお菓子などは裏側にして私に見せたり
「ちきくんは食べられないもーん」と先手を打ったりしてます。
自分が食べたいという要求は、もちに食べてもらうことで叶えている様子。
その分、OKなものは半端なく食べますが。

卵入りなど全然ダメなものを食べたがったら
私は、「食べられないよ」とハッキリ言うし
だだをこねたら「だって食べられないんだもん、しゃーないね」とか言っちゃう。
態度をよく見ていて、だめってわけじゃないけれどあまり食べるのもなあ、と
こちらが、どうかなーと迷おうものなら、押せば食える!とちきも引かない(笑)
ある意味オープンなんでしょうか。どうなんだ。

とりあえず今は完全除去対応の保育園にめぐり合えたので
そっち系の悩みはクリア。
小学校の給食はまた考えなきゃだけれどね。

タフになった・・・のかな?
図太くなったのか・・・
上手くいえないけれど、時が経つってすごいことだなと思いました。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

先日聴きに行った育児関連の講演で、「ダメなものはダメと毅然とした態度が必要」というお話がありました。ムキになったり興奮したりしてはいけないんだって。不気味なほどにウフフと笑って、「ダメよ」と言えばいいんだって(笑)。ほんとそうですよね。だって命に関わるんだもの。その分曖昧な態度はつけ込まれますねー確かに確かに。
タフに、なりますよね、子供を持つと。逆に結婚前にはなかった弱気な自分も出て来たり。
こちら(のブログ)にお引越しする前の頃、ネットの向こうではいろんな思いや日常があったんですね。PCのこちら側には見えない部分がみんなあるんですよねやっぱ。当たり前だけど。

私も人生そこそこやってきて、ブログにはとても書けないような苦い思い出や、もう、胸にぐさっとささって抜けないんじゃないかと思うような小骨(?)があったりします。
でも、そういうのも時間がたつと、それほど苦くなかったり、小骨も小さくなっていったりしています。

私も、今がいいなぁ、と自然に思えます。

いくらさんにもそういうときがきて、本当によかったね。

独身の時には、自分のことだけでいっぱいいっぱいだったけど、子どもがいる今は、心も体も無茶できないし、やっぱり親の気持ちにゆとりがあるって、大事なことなんだよね。

私も保育園問題がクリアになって、かなり余裕できましたよ~。

とにかく、体は大事にしよう!お互いにね~。
チビッコギャングなちきくん見てみたいワ☆

ありがとうございます。

yoyoさんへ

ウフフで「だめよ」(笑)それでいいんだあ。
例えば家に無いものを食べたがった時って
あっさり「無いよ」って言うものね。
だって買ってきてないんだも~ん、みたいな。
アレルギーだからっていろいろな思いがよぎるから
複雑になっちゃいますけれどね。
親って子どもには苦労させたくないし
恵まれた道を歩ませたいと思いますけれど
ちきにももちにもなんだかかけ離れた道になり・・・。
ま、これも人生だ。
みたいな。(違うか)
おかーさんも頑張るからよろしくね、って感じです。


むうさん

人それぞれいろいろなものを抱えて
辛くても笑顔で過ごしていることもいっぱいあるんですよね。
むうさんには、以前、時が解決してくれるって
教えて頂きましたけれど
ほんとだ!
という思いでいっぱい(笑)
もうねー、むうさんにはあの頃からリアルにお世話になりましたけれど
ほんとにありがとうありがとう。

み~んな、ひたむきに生きてるんですよね。
ほんとほんと、体は大事にしましょうね!

ちきは最近ふざけ野郎で
う○こー!とかち○こー!とか叫びまくりです(恥)
main_line
main_line
プロフィール

いくら

Author:いくら
アレルギー体質な
シングルマザーいくらです。

いろいろあるけれど人生
適当に悩みながら
楽しんでいきましょ。


ちき:3歳
卵・小麦アレルギー
その他数値に出ない
怪しげ食材多数アリ
車、工事車両、電車命

もち:8歳
小児喘息まだまだ継続中
読書大好き小学生

いくつになったの

いくつになったの

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。