スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無謀なチャレンジ

さて、保育園の転園を控えたちきは血液検査を受けてきました。
結果は週明けに出るので、その結果をみて主治医に診断書を書いてもらわねばなりません。

で、ちきは血液検査ではダントツ卵、次に小麦、というだけで
後はだいたいクラス0です。

「卵と小麦だけならそんなに心配しなくても大丈夫よ~」
(↑そうか?)
とか
「そんなにひどくないんだね」
(↑マルチアレではないということ)

と、よく言われるのですが
うちの息子さん、食べてみてこれはダメかな?というものが多いんですヨ。不思議なもので。

確かに、接触しても問題は無さそうだし
アナフィラを起こすわけでもないらしいので、危険度は低いです。
危険度の高いアレっ子からすると、酷くないというのは間違ってはいないと思います。
命を守るのが一番大切ですからね。

でもまあどんな程度でどんな症状が出るにしてもその子にとっては大変なことなので
子どもをアレルギー物質から遠ざけつつQOLを高めていきたいってのが望みかなあ、と思っています。

治らないと思っているわけではないのですが
子どもが今の自分に罪悪感なんか抱いちゃったり自己受容できないと困るので
頑張る方向が「治す」ことではなくて今の生活に満足させることに向いているのは確か。
「食べられない」のは事実だけれど、それはそれでいっか~、なんて思う子になってくれたら私的には最高です。


と、日々思っているのですが。


除去していると、だから食べられないままなんじゃないか?とか
食べられるようになる努力を怠っているんじゃないか?とか
神経質なんじゃないか?とか
諦めているんじゃないか?とか


まーいろんな考えがあっていろんな人がいていろんな立場があるので
いろいろ言われたり聞かれたりするのですが
説明して理解してもらうのに、だんだん疲れてきたところがないとは言い切れない最近(爆)。

保育園関係で言えば、集団生活、かつ、人様に委ねるので
これ、というものがないと難しいだろうなー。
食べ過ぎたり体調が悪いとアウト。少量ならセーフ。
そんなケースバイケースなのでは困らせてしまう。
だからといって、怪しげなものは「アウトです!」と言い切ると
除去品目多すぎの神経質な親になるんだよなー。
あー難しい。なんて愚痴ってはいられませんね。

新しい保育園入園に向けて話し合いをすることになりました。
園長、調理師、市の栄養士、保健センター職員、私。
それに向け、こちらの状態と希望等をわかりやすく伝えられるようにまとめねばー!
できる努力はしないとね。がんばろっと。


とりあえず最近は
食べられないと思っているだけ(または以前は食べられなかったが)で実は食べられるようになっているものがあるのかもしれない。
ということで、細々かつ無謀なチャレンジをしています。

以下は記録。(適当)

・キャンディチーズ→「これいらない」と噛んでベエ~っとする。症状なし。

・火を通しまくり固くなったエビ→「これいらない」と噛まずに出す。症状なし。

・アーモンドチョコレート(!)一粒。(卵なし、乳製品使用)
→直後何ともないが、6時間以上経過してからお腹に赤いポツポツの湿疹。太ももにザラザラの湿疹。膝裏の状態悪化。体全体を激しく掻き毟る。

・ドールの棒アイス(シャーベット?)→何ともなし。痒がっているといえばいつもよりは痒がっていた。(3本くらい食べちゃったのでそれは食べすぎ←止めろよ)

原材料表示
<アップル>
りんご果汁、砂糖、粉あめ、食塩、安定剤(増粘多糖類)、酸味料、香料、カロチン色素
<オレンジ>
オレンジ果汁、砂糖、粉あめ、食塩、トレハロース、安定剤(増粘多糖類)、香料、酸味料、パプリカ色素
<グレープ>
グレープ果汁、砂糖、粉あめ、食塩、レモン果汁、安定剤(増粘多糖類、セルロース)、香料
<ピーチ>
ピーチ果汁、砂糖、粉あめ、ブドウ糖、果糖、安定剤(増粘多糖類)、酸味料、香料、着色料(紅麹、カロチン)

・たけのこ(母乳経由)3口→全身カサカサブツブツのカユカユ。
   
・森永のチョコレートシロップ(乳不使用、ココア使用)3グラム→症状なし

・ピーナツ一粒→症状なし

・市販のゼリー→喜んで食べる。痒み増量。体がザラザラに。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お返事ありがとうございますっ!!
わ、わたしのブログを読んでいて下さったなんてイヤイヤ、なんだか恥ずかしいよーな・・・。
我が家も夏にはそちらの水族館に行っております(今年も行きます)。今年は下の子の食事をど~するか・・・いつもの市場の食堂で、食べられるものはあるかしら・・・思案中です。

保育園転園に向け、忙しくなりますね。
検査していないものでも、親ならパスしておく・・・ってコトもけっこうありますからね~。
うちの場合、数値はかなり高いんですが、食べさせてみると、けっこう大丈夫だったりするんですね。でも、量や体調の問題は明らかにあるようなので、そこの見極めってムズカシイものがありますよね。

新しい園との話し合いがスムーズに行くといいですね♪

むうさんへ

ありがとうございます。
すみません、お邪魔だけしてまして。
水族館、ぜひぜひおいでくださいませ。さらにもしよろしければ日程が決まったらお教えくださいませ。
あの辺りでアレっ子の食事が確保できるといいですよね。魚料理が多いとは思いますけれど、生モノが多そうですよね~。どうなんだろう。

親としてはパスかな、と思われる怪しげな食材たちの扱いが難しくて頭抱えています。
痒みが増すので避けて欲しいものが結構多いんですよね、息子の場合。
神経質だとか思われたくなくて、でもこちらの希望も聞いて貰いたいし。でもでも「できない」って断られたくないし・・・とぐるぐるしています。人様の手に委ねるので完璧にこなしてもらおうとは思っていないのですが、そこを上手く伝えられるといいなあと思っています。がんばるぞ。
main_line
main_line
プロフィール

いくら

Author:いくら
アレルギー体質な
シングルマザーいくらです。

いろいろあるけれど人生
適当に悩みながら
楽しんでいきましょ。


ちき:3歳
卵・小麦アレルギー
その他数値に出ない
怪しげ食材多数アリ
車、工事車両、電車命

もち:8歳
小児喘息まだまだ継続中
読書大好き小学生

いくつになったの

いくつになったの

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。