スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信じられない展開

保育園から職場に電話が。

「ちきくん、お昼寝から起きたら顔と耳と手にブツブツが出来ています」
とのこと。
機嫌は良く、呼吸も普通。仕事を切り上げ、お迎えへ。
その日は服薬依頼書は書いたものの昼食前のインタールを入れ忘れ(←オイ)
それが原因かも?という不安そうな顔をした先生に見送られ
総合病院へ行きました。

いつもの先生がいらっしゃらなくて、若い女医さんが診て下さいます。
食アレっ子ということで、唇が腫れぼったくなっているので念のため点滴。
ちきは緊張しまくって、処置室で一時間、おとなし~くしてくれました。

点滴をしても消えないポツポツ。
なんとなく広がってる?あれ?
じんましんじゃないのでは?ということで一旦帰宅。

翌日、受診。





はい、手足口病でした~。






ちーん。





なんでも現在中国で大流行中だそうで。
GWに中国に旅行した人たちが感染して帰国して日本でも大流行する恐れがあると新聞で読んだばかりです。




アンタ、いつの間に中国に旅行したのよ!?





手足口病になれば保育園も登園は不可。
ということで、主治医から紹介されていた保健センター&空きのある保育園へ。
(全然仕事行ってねー)




2年前に入所を断られた経緯を持つちきです。
その話をしますが
結局、なぜ断ったのかがわからないようで。
数年前から、受け入れてきちんと対応するということになっていたらしく。
そういわれても、こっちは入所不可だといわれたのだし。

現場で個々に対応することになっているので
そうやって断られても表面化せず泣き寝入りするしかなかったし
最終的には入園は園長先生との面談で決定、という方法をとるので
園長先生次第ってこと?そこで断られることもあるってことですよね?

などいろいろ言っていると
慌てまくる職員さん。(当たり前だ)
女性の職員さんが
「うちの子も蕁麻疹が出ることがありますけれど対応してくれてますよ。
だから大丈夫ですよ」
「アレルギーってだんだん良くなるから、大丈夫ですよ」



いや、そういうことじゃない。
程度が軽くても、重くても。
食べられるものが少なくても。
責任持ってみてくれるのかどうか知りたいんです。
ここまで酷いから、無理。(って言われた記憶がある)
これくらいなら対応できる。
とかそういうふるいじゃなくて。



入園するとしたらここかな、という園に行くと
園長先生と調理師さんがいろいろ説明してくれます。
(恐らく話が伝わっていたのでしょう。かなり構えていたと思われる。
でもベテランのお二人だったので勢いに丸め込まれそうになる)

食べられないものは除去して、食べられる物で代用。
栄養的にバランスが取れるように、事故が起こらないように細心の注意を払って。


あれ?


同じ(ような)レベルの理解を持っている人とお話しする機会など今までなかったので
目の前の話が信じられない私。



つーか。



今まではなんだったんだ?



お弁当持込は公立は不可なので、それが出来ない以上は責任持って作ります、ということのようで。
受け入れや代替食が出来る、出来ないということではなくて
やります、というスタンスのようで。



信じられなくて。

ほっぺをつねりそうになる私。

嘘みたい。

ていうか、嘘?

罠か!?

目の前の餌に食いつくと捕まるんじゃないか、みたいな。



私が半信半疑で聞いていて、ボーッとしていたので
対応に不満があるように思った調理師さん、具体的にいろいろと説明してくれました。

買えるものは買って、作れるものは作って。
主食のパンはおにぎりにするとか。
おやつのパンは果物にするとか。←てことは、みんながメロンパンのときにちきはメロンってのもありか?(それは代替なのか)
こちらの希望もある程度は聞いてくれるそうですが。




転園は可能なそうで。
「いつから入所を希望されますか?」



え?



なんだかびっくりしてしまって、頭の中がまとまらないのでした。


まあ、医師の診断書に基づいて除去食を作ってもらうことになるので
数値的に食べられないわけではないけれど食べさせたことのないものをどうしようとか
油ものに弱いとか塩分に弱いとか
そういうあいまいなところを明確にするのはちょっとパワーが要るんで迷っているところもありますが。

うーん、やっぱりまだ信じられないなあ。

対応してくれたり受け入れてくれるのはすごく嬉しいんですけれど。
ほんと、今までは何だったんだろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ふむふむ

なんだか事が動き出しましたねー。
今後の展開楽しみにしています。
前断られたのは何だったんだ、これまでの苦労は何だったんだという
気持ちは残るかもしれないけど・・・。
そちらは保育園入りやすいんですねえ。
それは結構羨ましかったり。
こちらは待機児童わんさかなので一回辞めたら二度と入れないと思うと
仕事との両立が限界だったときも休めなかったです。

モモさんへ

そうなのよ。今後迷い中だよ。ってかまだ保育園に話してないのでーす。
そういう気持ちは今はまだ拭えないんだけれどね、でもそうか、待機が多い地区から考えたら入所できるだけでもありがたいお話よねー。
働きたくても枠がなくて入所できないのも切実な問題だし、ましてやアレっ子は対応も気になるし問題は山積みだよね。

わ~~~、話がとんとん拍子ですね!!
公立の保育園ってすごく対応してくれるらしいですね。
近所のママ友、第2子が小麦までのアレっ子なのですが、上の子の行ってる保育園でスルリと対応可能で1歳待たずに仕事復帰して行きましたわ。
園にも小麦大豆のアレっ子もいるようで、
幼稚園行く子たちよりアレっ子にはいい環境なのかも・・・とも思ったり・・・。
(おやつも決まったものだし、食がらみのイベントすくないし)

ちきくんにとっても、いくらさんにとっても、
よりよい環境ができていったらいいですね。
先生怒ってくれてよかったよー。

こむぎこさんありがとう

お返事遅くなってごめんなさいっ!!!
保育園、給食で対応してくれて入所待ちもなければ、とってもいいですよね。
食に関してもしっかり躾けられて食べ歩きがないのがいいですよね。小さい子がきちんと座って手を合わせている姿はすばらしい!と思います。
あと、降園後におやつがらみで遊ぶことも少ないですしね。
そういう意味ではアレっ子には安心かもしれません。その分、自分はみんなと違うものを食べているらしいということに早く気がつくと思うのでそこをどう受け入れるかだと思っています。
main_line
main_line
プロフィール

いくら

Author:いくら
アレルギー体質な
シングルマザーいくらです。

いろいろあるけれど人生
適当に悩みながら
楽しんでいきましょ。


ちき:3歳
卵・小麦アレルギー
その他数値に出ない
怪しげ食材多数アリ
車、工事車両、電車命

もち:8歳
小児喘息まだまだ継続中
読書大好き小学生

いくつになったの

いくつになったの

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。