スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

買い物

三連休のシメは、もちリクエストに応えて
ショッピングモール(と言っても小さい)の遊び場へ。
ここだと、食品も、洋服も、雑貨もあって買い物が一度に済むから楽です。

遊び場に二人を放牧し、側からは離れないで横目で見ながら
バーゲンの商品もチェック。

ちきにとってはちょっと大きい滑り台があります。
割と遠慮がちな息子は、人を押しのけることが出来ないタイプらしく(しなくていいが)
邪魔になる子とかハバをきかせている子がいると
すぐにやめてしまいます。
滑り台は、上るのは階段から、滑ったら階段に並ぶ、というルールがありますよね。
休日ともなると、大きい子が滑り台を逆走したり、
小さい子が滑らないで座ったままだったり、
親も親で我が子が良ければいい人もいるし
ルールなんてそんなのかんけーねーの人もいます。

で、ちき、固まってました。

どうするかな、と思っていると
もちがサッと横に付いて手を繋ぎ、一緒に滑り台へ。
2列の直列は一緒に手をつないで滑り、
くるっと回るタイプは自分の前に座らせて手でちきを固定し一緒に滑る。
楽しくなったちきはもちに何度もせがんで滑りまくり。
それは見事なお姉ちゃんぶりでした。

たまにおねえちゃんはポケモンが見たくて
滑り台の影にあるテレビの前に消えてしまい
ちきに探されたりしてたけれどね。

お姉ちゃんぶりもすばらしいけれど
ちきのおねえちゃんラブぶりもすばらしかった。
くっついて、まねっこしてばかりで。


「そろそろ行くよ~」と言っても
もちが靴を履けばちきも一緒に靴を履く。


魔の2歳児も扱いやすいのはお姉サマサマです。


で、久しぶりにお弁当持ってのフードコート。
最近はちきが何でも一緒に食べたがるので、もちにも弁当。
フードコートで弁当を広げるのにも勇気が結構要りますが
それこそそんなのかんけーねー!
もちは、ハンバーガーだのカレーだの食べたかったみたいだけれど
目の前で食べられない物食べて、欲しがったときに
「ちきちゃんは食べられないよ」と言うのは逆の立場だったらどう?というと
すんなり納得。
でもやっぱり食べたそうにするので(当然)
フードコートで何も買わないのも失礼かと思うし
「じゃ~ん」とか言って気分を盛り上げ、一人一本ずつジュースを買い与える。



てか、普通の子だったらそんなの当たり前だし。



でも、喜んだ。ちきが異様に喜んで、もちもつられてニコニコ笑顔。
もちもちきも弁当を平らげ、ジュースでご満悦。

その後は食品、洋服、と見て回り、ゲームセンターで100円乗り物にタダ乗り。
(お金を入れずに動かない状態で乗るだけ)
↑もちは動くのに弱いのでお金を入れると乗らない。なんだそれは。

で、最後に100円ショップのプリクラを取って
もち大喜び。



帰り道。

もち「楽しかったね~~~」
ちき「たのしかっちゃね~~~」


・・・・・。



ああ、かーさんはなんだか泣きそうだよ。

目立ったことなんて何もないし
お金も大してかけてやってないし
フードコートで弁当だし(泣)

でも、
「おかーさんとお、おねえちゃんとお、ちょっくん(ちき)とお、いったの♪」
って。

モノより思い出。

ってやつか。

思い出、というか、楽しい思い。
そうだよね。



もち作。
おひなさま
20080212005859


我が家のお雛様、ケースが無いので出して置いておくと
今年は大変なことになりそうなので
出さなくていいかなあと思っていたのですが
ちょうどよかったです。これ飾ります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

何度もキャラメルマフィンリピートしてくれてありがとう♪
あの豆乳キャラメルクリーム、本当にはまりますよね。
さつま芋抜くと米粉特有の重みが出ませんか?

こちらの日記、『モノより思い出』っていうのすごく共感。
ムスコもけして食べられないと分かっているし、本音はお弁当もイヤ。
だけどパパやワタシ、お友達と一緒にご飯が食べたいしレストランにも行って見たい。
でもレストランに行かなくても楽しい食事は出来る、
公園だってデパートの屋上だってみんなと食べれば美味しい!
そうゆう気持ちを大事に育てて生きたいですね♪

あ~心があったまりました♪
お休みの日に朝からお弁当作ってお出掛けなさった甲斐がありましたね。お疲れ様でした。

>お姉ちゃんぶりもすばらしいけれど ちきのおねえちゃんラブぶりもすばらしかった。
ここ、微笑んでしまいました。そうですか、ちきくんは慎重派なのですね。
アレっ子と非アレっ子、大変なことも多いですが、じゃあきょうだいはいらなかった?と自問すると答えは「とんでもない!」ですよね。

↓記事でいただいたレスで、寝付かない我が子に、これがもちちゃんだったら「キーッ」となっていたかも知れない、と書かれていて激しく共感してしまいました。
そう考えると私たち(一緒にしてごめんなさいね)ってママとして上の子に育ててもらっているのかな?

何だかとりとめもなくてすみません。
「心を満たす」ってやっぱりモノじゃないよね~、てかモノだけじゃ無理だよね、って改めてそう思わせていただきました。頑張るぞっ!

もちちゃんの優しい顔と、ちきくんのお姉ちゃん大好きっぷりがめのまえにうかんできましたよぅぅぅ。

フードコートでお弁当とジュース。
それが体に一番さ!
と思いつつ、もちちゃんの表情を読むいくらさんの気持ち、すごくすごく分かる。
もちちゃんが本当はちょっとつまらないと思ってることも、でもそれを顔に出さない優しさや考え深さも、両方受け止めてるいくらさんの気持ち…。

なんだか、すごくすごく、色々思いましたが、言葉に出来ないよぅ。

いつも思うけれど、もちちゃんも、ちきくんも、いくらさんも、すごくあったかくてステキな家族だね。

ありがとうございます。

ナオさんへ

はまってます~♪
やっぱり芋入りが一番おいしいですね。
確かに重くなるかも・・・。芋がカバーして適度なふっくら感がでますね。
何か入れるようにはしてますが、何もないときはそれはそれでBPを気持ち多めに入れたり発泡水にしたり、気にしないようにしたりしてます(笑)

人と同じこともしたいけれど、じゃあそれだけが幸せなのか?っていうとそうでもなくて。
笑顔に囲まれた時間が一番ですよね。
楽しいからこそ、人の買い食いが羨ましく思えたりもするんでしょうけれどね。
これもあり、あれもあり、でいろんな幸せを考えられたらいいなあって思っています。


yoyoさんへ

あっ、弁当は全然大したものじゃないです。
冷凍のポテトグリルとか枝豆とか。
もうちょっとフードコートで対抗できるもの作ってやれば良かったかなと思ったり。
次回ね、次回。(←いつもこうやって言い訳)

私自身一人っ子なので、きょうだいって全然想像もつかなかったんですが
自分にないからこそ、この絆がすばらしいと思えるんですよね。
ママを育ててくれているのは上の子、めちゃ共感です。
ちきに対してイライラすることもないわけじゃないんですが
もちが見ている、と思うと口調も優しくなりますし。(真似するので)
アレルギーに対しても、私が悲観していたらマイナスのイメージだけが
植えつけられちゃうのでは、と思うので、なるべくプラスにとれるように心がけています。で、たまに落ち込むともちが助けてくれる、という。
(やっぱりもちサマサマ)
そうそう、モノだけじゃだめなんですよね!
気持ちが一番。


まるさんへ

あ~鋭い!もちの気持ちを汲んでもらって(涙)
言わないところやすんなり納得してくれるところがね、無理させてるのかなあなんて
思ったりもするんですが。
世間(フードコート)に出ると、体に良いとかもうそういう話じゃないんですよね。
買うか買わないか、というレベル。
つか、クレープか、ソフトクリームか。
家でまったりしていると忘れがちなので、たまに世間に出て打ちひしがれてみるのも
ありかなあと思ってみます(笑)
あったかいですか、ありがとう。あったかくありたいです。






main_line
main_line
プロフィール

いくら

Author:いくら
アレルギー体質な
シングルマザーいくらです。

いろいろあるけれど人生
適当に悩みながら
楽しんでいきましょ。


ちき:3歳
卵・小麦アレルギー
その他数値に出ない
怪しげ食材多数アリ
車、工事車両、電車命

もち:8歳
小児喘息まだまだ継続中
読書大好き小学生

いくつになったの

いくつになったの

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。