スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まとめ。

帰り道、抱っこ紐で寝てしまったちきを抱えて
もちと手を繋ぎ、聞いてみました。

「ごめんねー、おにぎりだけじゃお腹すいたでしょう?」
(思ったより空腹だったらしくちょっとしか持っていかなかったので足りなかった)

「ううん。あたしね、いちねんせいだから、食べたいものはがまんできるんだけれど
ちきがいないのはがまんできないの。
ちきのことがだいじだから、ちきがいるほうがいいから
たべるのはがまんできるよ。」


・・・・・。

実は、券をもらったとき(←タダ券だったのか!)
2枚だから、ちきが保育園の間に冬休みに既に入ったもちと二人で行こうか?とも
考えていたわけです。
もち一人連れて行くなら移動は楽だし、思い切り泳げるし、
流れるプールにも入ってやれる。
そもそも食事を考えるとハッキリ言って楽なわけで。
でも、そういう考えでそれはしたくない。

食べられない、と食べないは違うんですが
「食べられる」もちは「食べない」という認識じゃなくて「我慢する」と考える方が多い。
アレっ子だって普段からいつもいろんなことを「我慢」してますけれどね。
大人だって、「我慢」ってストレスになるし
例えばやせようと思って甘いものを「我慢」すると余計に食べたくなったり。
なので、なるべく「我慢」にならないようにしたいんです。


ちきがいるからできない、じゃなくて
ちきがいるからこうしよう、って思えるようになりたい。
それは私も。
もちにとってこんなに大切な弟なんだもの、二人が笑顔になれるような生活がしたい。
おでかけもいっぱいしたい。
代替食だって、お腹いっぱい作るよ。


そうそう、ハワイアンズは、お土産コーナーを通って退場するシステムになっているのですが
食べ物以外のお土産もたくさんです。
貝殻、アクセサリー、キーホルダー。おもちゃだの何だの。
「買ってー!」「買ーわーなーい!」とバトルしてる親子を見ました。
そうだよね、食べ物だけじゃないよなあ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

もちちゃん!
かわいい。優しいね。ちきくん思いなのは知っていたけど、その優しい言葉に感動しました!!
いくらさんの胸には色々な思いが去来したことと思うけれど。
もちちゃんの優しさといくらさんの暖かいまなざしに包まれて育つちきくん、これから色々な出来事があると思うけど、こんなステキな家族がいれば、きっと超えていけるよ。

そう、食べ物だけじゃないんだよね。ほんとに。

すごく詳しいレポで、色々参考になりました。
我が家はしばらくは、もう一つのあちらに行くことの方が多そうだけど、いつかハワイな空気にも浸ってみたいわー。
そのときはまた読みに来ますね♪

それにしても↓のピザ、おいしそーだわ。
台は何?食べたーい。

まるさんへ

ほんとにいろんな思いが頭と心を巡りました。
胸が詰まっちゃって何も言えなかったわよ。
ちきが寝ちゃったので、こっそり何か買ってやろうかとかも思ったんだけれど
それがいいことなのかどうか、私にもわからないんだよね。
車に戻って、持ってきたたくさんのみかんを食べて、それで一応満足のもち。
もち自身も思うところあると思うんですよね。

ピザ台は、つなまよさんのホットケーキです。
ケチャップ塗って、加熱済みの具をのせて、スライスもちをのせてチン。
ふわふわの土台じゃなくてクリスピータイプが希望だったらしいけれど
ケチャップたくさん塗って満足してました。
アレマヨがあると、もちに絡めたら美味しそうです~。

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

ハワイアンズ、プール大好き一家なので
ずっと行きたいと思っていたんです。
詳しいリポートありがとうございます。
実際行くときにはまた参考にさせてもらいますね!

正月明け、非アレの姪っ子と旅行に行ってきて思ったのですが
アレっ子にとっては食べないのが当たり前の場面でも
非アレっ子には我慢なんだなーと。
うちはごくたまにのお付き合いだけど、
同じ家に非アレっ子とアレっ子がいるおうち、
特にが上が非アレで下がアレっ子の場合は大変だろうなと、
ふと、いくらさんのことを思い出しました。
全然思いはまとまらないのですが。
ピザはナイスフォローでしたね。

モモさんへ

明けましておめでとうございます。
こちらこそ、今年もよろしくお願いします。

ハワイアンズは今勢い付いているので
どんどん大きくなってイベントもガンガンやっているようです。
とても楽しめると思います。
食の幅が広がってくれるとアレっ子ももっと楽しめるので
もっともっと理解が深まり楽しい場所になってくれたらいいなと思っています。

そうそう、非アレとアレっ子の関係って結構難しいんですよね。
我が家は今のところ、もちをアレっ子仕様に合わせているのですが、悩みは尽きないです。
もちもちきも楽しく過ごす方法を求めているのですが
食べ物でもちに我慢をさせる場面が多くて。
そうじゃなかったら別々なものを食べることになるし。
結局、二人とも何らかの「我慢」をすることになり結果的に平等なのか?とか思っています。
外出すると、誘惑が多いですよね。ほんと飽食よね。

ピザ、何とかフォローできて良かったです。
食は気分もあるので、あの場で食べられたら良かったな。次は持ち込みます。(持ち込みに耐えられるコピーを作りたい)

姉弟って・・・。

うちも4歳のお姉ちゃんと2歳の弟。お姉ちゃんはいつも弟のことを見ています。
うちの子も、お姉ちゃんにとって多分、「弟が食べられないから自分は我慢している」という感覚とはちょっと違うのだろうな、と思います。私なんかはついつい「お姉ちゃん、いつも我慢させてごめんね」みたいな気持ちで見てしまうのですが、そういうのではなくて、やっぱり「姉弟」だからみたいな。上手く言えないのですが、いつもそんな感じ。
親の私のほうが「見習わなくちゃ」みたいな気持ちにすらなってしまいます。。。
この先も弟は、お姉ちゃんにずっと甘えて生きていくんだろうな。よかったよ。お姉ちゃんがいて。

以前の記事を少し読ませていただいたのですが、なんだか、もちちゃんはうちのお姉ちゃんにちょっと似ています。のんびりやさんで几帳面。どこのおうちもお姉ちゃんってそういう感じになっちゃうのかな。。。

今年もまた記事楽しみにしていますね。どうぞよろしくおねがいします♪

ちかはやさんへ

そうそうそう、姉弟って絆が強いんですね~。
私は一人っ子なので、非常に羨ましく思います。
ちきの一番の理解者は、もちなんだなあってしみじみします。
姉の後をついて、真似っこしたり一緒に遊んだり、いいなあと思います。
「我慢」と思わせたくないと常々思っているのですが
あれこれ言うよりももち自身が受け入れてくれているので
私はとても助けられているなあと思います。
こうやってしっかり者になるんでしょうかね。
私も、ちかちゃんにもはやとくんにも親近感を持っています。
今年もよろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさま

コメントありがとうございます。
ああ~、わかるなあ・・・。
私はちきが生まれたばっかりのとき、夫が荒れていたのもあって
ストレスを全部もちにぶつけていました。
可愛いともなんとも思ってなかったし、怒り出したら止められなかったです。
ですが、そういうときって子どもの方が敏感に感じ取って、鬱陶しいくらいまとわり着くんですよね。顔色見たり、様子をうかがっているのがわかって余計にイライラしたりもしました。
もちは、辛いとか寂しいとか言うことも出来なくて、私の言うとおりの「良い子」になる以外に道がなく、私が喜ぶことばかりしてました。思い出すだけで胸が痛いです。なので、いまでももちの言動にはその名残があるのかなあと思うこともあります。
娘さんが直接言ってくれたということ、本人に言えるだけまだ救われていると思います。
母親自身が安定していないと、余裕が無いですよね。人に優しくすることは自分が満たされていないとなかなかできないことだと思うんです。
子ども以外でイライラしているとすれば、それを解決する方が先なのかなあと思います。
私の場合は、いざとなったら夫は他人に戻れる、と気が付いて割り切りることにしました。
娘には「ありがとう」「助かるわ」とその都度言い寝る前は「お母さんの宝物だよ」と言いました。半分自分に言い聞かせるような感じでした。
小学生になって、真面目なもちは認められることが多くなり(静かに先生の話を聞いている、とか)お姉さんぶりたい面も出てきて、そういう変化や時期でもあったと思います。
まずは、お母さん自身が満たされて幸せな気持ちになるのが一番かと思います。
「子どもの心のコーチング」菅原裕子(PHP文庫)
とか萩原光さんの本とか、でも気負わずに頑張らないでいきましょう。

はじめまして

はじめまして。むう、と申します。
以前どなたか(←いいかげん)のリンクからお邪魔して、たまにこっそりのぞかせていただいておりました。
我が家にも、非アレの長女(3歳、でも卵アレ出身)とアレっ子の二女(1歳)がおります。きょうだいのバランスっていうか、どちらにもあまりガマンさせたくないし、本当にいろいろ悩みます。
もちちゃんのやさしい言葉にじ~ん。ときてしまいました。

と、ところで!いくらさんは「ハワイアンズ」のお近くにお住まいなんですか?
私「ハワイアンズ」のある県に住んでいます
(かなり北、県庁所在地です)。も、もしかして同県??とか思って、思わずコーフンしてコメントをしてしまいました!
これからもお邪魔させて下さい。よろしくお願いします。

むうさんへ

ありがとうございます。
初めまして、って私も実はむうさんのブログ読ませていただいてました。コメント残さないでごめんなさい。
むうさんと同県でーす。他の方へのむうさんのコメントで存じておりました。
私はそちら方面は全然詳しくないので、もしオススメの場所とか店とかあったら教えてくださいませ。
ではこれからもよろしくお願いします!
main_line
main_line
プロフィール

いくら

Author:いくら
アレルギー体質な
シングルマザーいくらです。

いろいろあるけれど人生
適当に悩みながら
楽しんでいきましょ。


ちき:3歳
卵・小麦アレルギー
その他数値に出ない
怪しげ食材多数アリ
車、工事車両、電車命

もち:8歳
小児喘息まだまだ継続中
読書大好き小学生

いくつになったの

いくつになったの

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。