スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GW突入。

今年のGWは休みと平日が繰返しで飛石連休になるのですね。
(↑新聞のクイズで知った)
我が家はどこにも行かないし予定もないしあまり関係ないと思っていたところ
保育園は28日に壁のペンキ塗り替えだそうでお休みだそうです。
仕方が無いので私が休みを取り、思いがけずの4連休。
ペンキの塗り替えならホント仕方ないよね。
化学物質には今までこれといって反応がなかったのですが
1,2日あたりは変化があるか見てみようと思っています。

この連休、スポ少はお休み。
高学年対象の教室に皆遠征してしまっていて
もちはお留守番なのです。
久し振りの予定の無い休日に、
図書館の本を読み漁り、パソコンで遊び、テレビ三昧のもち。
チャンネルを「笑点」に合わせて寝転がり笑って見ていました。
(なんつー小学生だ)

実は金曜日は参観日で半休を取ったので
4.5連休の私。
あれもしたい、これもしたい、と思ったのですが
何もせずに終わる気がします。
とりあえず、だましだまし使ってきた携帯が壊れたので
電気屋に行きたい。
昨日もトライしたのですが、GWで子ども向けにイベントがあり
うさぎの着ぐるみが風船を持ってやってきたので
ちきがびびりまくって号泣→撤収。
もちは黙っていたけれど、風船を手にしていないところを見ると
同じように嫌がっていた模様。
義実家には余裕が有る(←私に)初日に私・ちき・もちで顔を出し
食い逃げ!
寿司はコンタミが恐いので最近は焼肉屋に連れて行ってもらうことになっています。
ちきは、とうもろこしを焼いて枝豆と白いご飯があれば今のところオッケー。
焼いた肉を分けてやって持ち込んだ醤油をかけて
今回はご飯にアンパン○ンカレーをかけました。
(お店には話して了解を得てます)
横で義母は卵うどんとか食べてましたが熱々の鍋焼きだったこともあり
特に気をつけてくれたので良かったです。
↑熱くないと忘れられがち。えええ~。
子どもはジュースが飲み放題で
ちきはそちらに夢中だったのもこの際は良かったかな。
もちは何でも食べてきただけあって小さい頃からジュースにはさほど興味が無いですが(他にも甘いものを知っているので)、ちきのジュースへの執着はすごいです。
焼肉屋は出てくるのも早いし
食べるのも自分で焼いてパクパク食べちゃうしで
所要時間が短いからいいね。
本当は石焼ビビンパが食べたかったんだけれどね~。

そんな訳で今日の晩御飯は私はビビンパ風ご飯。
ごま油なるものが我が家から消えて久しいのですが
とりあえずキムチやコチュジャンでごまかしとけ、てな感じで。
子ども達はアレっ子風野菜だらけのカレーです。
もちはカレーにすれば野菜も食べちゃうし。
大人が好きなものを食べる時は決まってこのスタイルです。
スポンサーサイト

低気圧

外はものすごい風と雨です。

あー、お久しぶりの更新になっちゃった。
毎日何をしていたかと言うと、仕事行って、家に帰ってもちをスポ少に連れて行き
ご飯の支度して迎えに行ってさっさと食べさせて風呂入れて一緒に寝て朝が来て
ちきの弁当作って仕事行って家に帰って(以下エンドレス)。

そうなんです。
もち小学二年生の分際でスポ少に入部しそれなりにくっついて真似して
毎日毎日通ってます。
スポ少って親が主体なのねー。
いやはやこりゃすげえ世界だ。

ちきは新しいクラス(進級し部屋の場所が変わった)にもやっと慣れて
あまり泣かなくなったらしい。
担任の先生は持ち上がりが一人いらっしゃるし引継ぎでしっかり把握してもらえているようで安心。
先生方はお若いからかアレルギーの知識があまりないようですが
以前コメントで頂いたとおり初めてだけに熱心に対応してくださるので
これまた心強いです。
今まで部屋で保管していた弁当も給食室に預けるようになったそうで
それにより私の持たせた弁当が給食の先生に把握されることとなり
こちらの思いとかやり方が見えるようになったからか
対応していただけることに幅が出てきたように感じます。
結局は人対人だからお互いどんな人なのか(どういう考えで何を求めているのか)
わかってくればいろいろスムーズに行くようにもなるのかなあって一年通って思うようになりました。
公立と違い私立は人の入れ替えがないのでそういう点が利点なのかな。
相性とかね、そういうのに左右されちゃうのは欠点なのでしょうけれど。
今年は役員なので、先生方とお話する機会が増えるからそれも良かったのかな。
普段は私はお迎えに間に合わないから行かないし。
(↑延長保育は先生が少なくなるから対応が難しいということで頼んでいないので)

アレルギー的には、間違って普通の醤油をかけて二口ほど食べさせてしまったところ
赤い湿疹がボコボコと現れたのでやはりまだまだ手ごわいのうと思った。
痒くてなかなか眠れないようではありましたが以前よりは軽い気がする。

そしてこんな低気圧だけれど、もちの喘息は夕方ちょい咳が出て吸入で落ち着く、という程度。
強くなったよねー。

あと我が家の低気圧男。(←夫)
全てが調子に左右されるのは病気だから仕方がないとして。
いきなり急降下して、どうしたのかなーと思っていたらこの低気圧。
以前は天気が悪ければ調子が悪くなる、とか
調子が悪くて天気も悪ければ起き上がれない、とか
その日の天気で動いていたところがあったのが
ここ二日ほどの荒れ具合はこの低気圧を予測したものだったのか、と納得する出来栄えでした。
もちはよく低気圧が近づいてくると喘息が悪化していたけれどそれと同じ感じ。
天気が悪くても特に感じないし何を食べても何ともない私の方が本当はおかしいんじゃないかな~と思ってしまう。
人間の本来の能力(野性的なものがあるとすれば)とか第六感とか鈍っている気がする。私。

さて。
明日もスポ少だ。

工作

私は工作が好きです。

不器用なのではさみでまっすぐ切るのは苦手、
のりをはみ出さないようにつけるのも苦手なのですが
大人になりカッターと両面テープを使えるようになってからというもの
工作が楽しくてたまらなくなりました。
最近はテープのりという便利なものもありますしね。
(文房具大好き♪)

更に100円ショップが普及してから
色ペン、色画用紙にビーズ、モール、といったちょっとしたアイテムが簡単に手に入るようになり
工作に使えそうな素材を見つけては買いたして家にストックしています。

その影響か、もちも何かしら作るのが好きです。
テープを使いすぎるのが気になりますが。

そんなもちのお気に入り本。


折って切ったら遊べる!飾れる!!すてきな切り紙折って切ったら遊べる!飾れる!!すてきな切り紙
(2007/11)
小林 一夫

商品詳細を見る



もうねー、見ているだけで楽しくてわくわくします。
色合いもかわいいのでおしゃれな感じもする。

もちは夢中になりそこらじゅうに折り紙の切れ端が転がっています。



さらに


折って切ったら遊べる!飾れる!!かっこいい切り紙折って切ったら遊べる!飾れる!!かっこいい切り紙
(2007/11)
小林 一夫

商品詳細を見る



これもいい。

アイデア満載です。

もちには、何でも買って与えるのもいいけれど
代用するとか作ってみるという、工夫できる子になって欲しいです。
↑アレっ子を育てているといつも頭にあることですよね。
代替、工夫。
こうじゃなくては、というものではなく発想の転換やアイデアが必要なときってありますよね。
最近のもちは、ちきが食べられないからね、と市販品を諦めさせると必ず
「そうだ!これは~をこうしたら作れるんじゃない?」と言います。
それは無理だろ!と突っ込みたくなることも多いのですが
さすがアレっ子の姉だけあってたまにヒットすることも言うようになりました。
私も、ちきを育ててからだいぶ固定概念がなくなりました。
工作とアレっ子クッキングってそういう意味で(なんとなく)共通項があって。
アイデアはお友達ブログで頂いてこれるし。
だから楽しもうって思えているのかな。


実はこの本、図書館の本なのですが
あまりにも気に入ったので家に欲しい。
ポチッとしてしまおうかな。

お腹の風邪

いやはや。

新年度が始まって初めての週末。

いきなりめちゃめちゃお疲れなんですけれど。私。
そんなに気を遣っているのか。意外に繊細じゃん?

先週のお休みには心の充電を行い、満タンになったんだけれどさ。
いや、アレ的には満タンのままなんだけれどさ。


4月1日から仕事を替えたため、私は新しいところに飛び込んだわけですが
なんて言ったらいいのかなあ、
人が、み~んな非常に熱いわけです。(みんながみんなじゃないが)
熱心で、一生懸命で。優秀な人材で御揃いで。
そんな中、間違い探しのように私が居るわけです。


まあ、こちらはシロウトで、シロウトでもいいから行ったわけですが
みなさんとは一緒に居るだけで火傷しそうになりながら
シロウト丸出しで居るわけです。それも結構労力使うのよ♪

てな感じで、気を抜けずに週末を迎え、その反動で
いっちょ今夜は飲んだろかーと思っていたら(←発想がオヤジ)



もち発熱。


そうね、春休みなのにかーさん自分のことで精一杯でもちのこと放置プレイしてるのに
調子悪くなるのも週末を狙ってくれるなんて、いい子だよなーと思います。


おかゆ食べる?とか水飲む?とか
普通の母親的な事をするだけで大喜びのもち。
ううう、いつもごめんよー。


なんてやっていたら、



後続のちき、嘔吐。



赤いので、まさか!血!?と思ったら
直前にばあばさんが飲ませた野菜ジュースでした。

ここ一週間ばあばに預けっぱなしなのですが、
保育園と違い好き勝手するちきに困ったばあばが行動の動機付けにジュースを乱用しており
かなり飲み慣れた様子。

なので、ジュースでのアレ反応ってわけじゃないよな・・・・・・(たぶん)
もちは熱出してるしな・・・・・・・


おお、ちき、お前もか。

と思っていると何度もリバース。


もちは、真っ赤な顔して「あたまいたい・・・」と寝てしまったので
夫にもちを頼み、ちきを夜間病院へ。
ちき、熱はありません。
嘔吐だけ。
なので迷ったんだけれど、食アレ路線もなきにしもあらずだし、と受診。

ここの総合病院には、救急車で運ばれる人とかの病院の救急外来と
よその病院の医師が交代で当番医として詰めている夜間窓口があります。

緊急度が低いので夜間窓口に行ったところ、
一月以内に総合病院を受診していたので、救急外来へ通されました。
(継続的治療、様態の急変という観点から)
熱もないのに申し訳ないっす。
(測ったら36度5分。肩身が狭い)

でも看護婦さんも先生も優しくて、ありがたかったです。

「はは~~ん、これは今流行のお腹の風邪だね。」
とのことで、吐き気止めの座薬を入れるため、
ちきは便秘だったのでまずは浣腸をしてもらうことに。
当然大泣き。
救急外来で浣腸って一体・・・。
隣には命の危険のある方がいらしたので非常に申し訳なかったです。はい。

で、待合室でウンが排出されるのを待ち、その後座薬を入れてもらう。


子どもはよく小児科にかかっているからか、同じように救急外来に回された
風邪っぽい子がたくさん救急外来にいました。
手桶もなくリバる子どもや、ヤンキーご夫妻に抱えられたヤンキーカットの子ども。
その中で赤い顔をして、「う~んう~ん」と力んでいるちき。

でも、スッキリして、座薬入れてもらって、その後は吐き気もおさまっています。
良かった♪
もちもぐっすり寝ていました。(夫も)



ちょうど待合室にいたご家族、力尽くしても帰らぬ方となった方がおられて
そんな場面に遭遇し命について考えさせてもらいながら帰宅しました。

人は、いずれ死を迎える。
生きているということは死ぬことだものね。
病気で余命○ヶ月、という宣告すらなく、突然の、ということも十分ありうる。
いつくるかわからないその時がきたとき、後悔しないように
いつも一生懸命、誠意を持って生きていきたい。
明日が来るのは当たり前のことじゃないんだな。
今出来ることを今やるのは大事なんだなーと。
そして、命があること、それはとっても尊いことなんだな。
おごらずに、感謝しながら生きていきたい。
(疲れた疲れたと文句を言うのはやめようと誓いました)

そんなことを考えた、救急外来でした。





main_line
main_line
プロフィール

いくら

Author:いくら
アレルギー体質な
シングルマザーいくらです。

いろいろあるけれど人生
適当に悩みながら
楽しんでいきましょ。


ちき:3歳
卵・小麦アレルギー
その他数値に出ない
怪しげ食材多数アリ
車、工事車両、電車命

もち:8歳
小児喘息まだまだ継続中
読書大好き小学生

いくつになったの

いくつになったの

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。