スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての反応

喘息っ子ではないちきが、ゼイゼイし始めました。
もちが一番酷く喘息が出ていた時と同じように
胸はへこみ、息を吐くたびに雑音がします。


それは、保育園が卒園式のため、在園児は保育がなかった日。
私は仕事が休みで、もちとちきを連れて以前勤めた職場に書類を取りに行ったのです。

二人連れて、となると時間というのはあっという間に過ぎてしまい
約束はしてなかったのですが9時に行くつもりが10時ごろに。
しかし相手も忙しく書類がまだ出来ていなかったり、細かい話などもあって
時間がかかり、職場を出たのが11時半。
その日しか空いていなかったので、その後職場の近くにお世話になった方がいるので
挨拶に行くつもりでした。
お昼になってしまったので、昼過ぎに行こう。
そう思いました。

でも、準備をしていなかったので、何も持っていません。

一度家に帰るには遠い。また来るのも何だかなあ。

てなわけで、最寄のスーパーに。

具のないおにぎりがなかったので、考えてコレなら大丈夫そうなかっぱ巻きをちきに。
2回ほど食べたことがあって、何ともなかったので。

ごはんよりきゅうりばっかり食べているちきでしたが
とりあえず空腹をしのぎました。
そして予定を終え、大人の用事に付き合わされてばかりでおかんむりのもちに
リクエストされた公園へ。
そこでしばし遊んだ後、帰宅。

お昼寝の習慣がついているちきは眠たいのですが興奮してなかなか眠れません。
半分うとうとして家に着いたので、連れて入ってから仕切りなおし。
寝かせようとしたところ、どうも変。
もちの酷いときと同じ喘息発作が。

アレママならばここでピンとくるはずでしょうが
なにせ、こんなことは初体験です。
ちょうどもちも咳が始まったので、低気圧が近づいてきていること、日中暖かかったのが2時過ぎてだんだん冷えてきたことなどが関係あるのかなーと思っていました。
でも、ちきは喘息っ子じゃないのになー。喘息に移行するのかなー。
なんて。

雑音付きでヒューヒューしているので
やっぱり変だな、とかかりつけ医に電話。
そしたら休診だったので、いつもすいている駆け込み医のところへ。

診察のために脱ぐとお腹にぽつぽつが出ています。
「蕁麻疹が出ているね」と言われ
胸の音を聞いてレントゲンを撮ることに。
肺炎を起こしていた、とか、マイコプラズマかも、という話で
病院で吸入して薬を貰って帰宅。
駆け込み先生、かかりつけ先生に遠慮があるのか、そういう性格なのか
なんだかはっきりしない感じなのが頼りないことろです。

吸入をしても翌朝また酷くゼイゼイしていたので
またかかりつけ医に予約の電話。
そしたら、また休診(T_T)
なので、お久しぶりの総合病院へ。
アレルギー外来の日ではないけれど、総合病院の小児科でアレルギー権威の先生がいらしたので
診察してもらうことが出来ました。(ラッキー♪)


一年ぶりなので経過を説明し
小麦チャレンジを指示されるも醤油で煮物一口にてアウトだったことなど
いろんなことを話しました。
ええ、怒られたりしながら。(←いつも怒られる)
かかりつけ先生の話をすると
「ああ、旅行に行ってるんだよね~。」だって。
「来週には帰ってくるからそれまでの薬出しておきましょう」
そうか・・・旅行だったのね。


総合病院の先生の見立てでは、喘息を起こしいたか起こしやすい状態だったところに
アレルギー物質が入り込んだための喘息発作ではないかとのことでした。

心当たりなんてありありで・・・(涙)
かっぱ巻きも卵のお寿司も同じまな板で作られているのでしょうから
コンタミなんて十分考えられます。

今までこういうことがなかったのですが、ちきは卵(多分、恐らく、きっと卵)が体に入ると
呼吸系の症状が出る可能性が高いです。
コンタミでこれなので、食べたら・・・と思うとゾッとしました。
先生に聞いてみるとその場合はやっぱり速攻救急車とのことで。
そんなわけで、保育園に通っていることだし
何が起きるかわからないということで、朝晩のザジテンに加えて
食前にインタールを処方されました。

とりあえず飲んでみて様子をみてみようと思います。


しかし、保育園は食前20分の薬って、難しいだろうなーなんて不安もあり。
おやつの前にも飲ませて貰いたいけれど無理かなあ。

職場の同じくママさんでお子さんが卵アレ(加熱はクリア)の人がいることがわかり
話をしていたら、幼稚園に入園するのに食前の薬がネックとなり
やんわりお断りされた、と聞いたばかりだったので
(どうなってるんだーこの市は)
保育園でも反応は同じかしら・・・
この先大丈夫かなあ・・・(やっぱりちきくん預かれません!なんて言われたらどうしよ)
なんて不安なのですが
飲ませてもらえれば安心が広がって逆に先生方への負担も減りそうな気もするけれど
どうなんでしょうね。

何にせよ、反応が軽くて良かった。本当に。
あらあら~なんて母親がみている間に、ってのでは怖すぎる。
やっぱりこの子は個性派(アレっ子)なんだなあと再認識したのでした。
スポンサーサイト

春休み始まり

今日、もちの学校では終業式でした。

つーことは、明日から春休みだね。

ってことで、ドラえもん映画3時間を見せてみました。
いつも9時には寝ているので、10時までテレビってもうそれだけで大興奮。
遊びながら見ていたちきは9時過ぎには寝てしまい、
もちも終わりまで見たもののそのまま横になってリビングのコタツで寝てしまった。
規則正しく生活するって本当に大事なんだなあ、とこういうときに思います。

春休みは宿題もなく、毎日遊べるぜ~。
しかし、進度の速い最近の学校教育、遊びほうけてしまっては
4月からが不安だわ。
先生からは、春休みには是非読書を、と言われています。
本の虫であるもちにとっては、余裕の宿題な訳ですが。
図書館から児童書をたくさん借りてきているので
明日からはそれを読んだり、大好きな工作をしたりすると思うなあ。
まとまった休み、私は仕事もあるのであまり相手をしてやれないけれど
大事にゆっくり過ごしたいと思います。

ついでにもちを歯医者にも連れて行きたい。

春からの準備もしたいし。

何より春休み、お出かけもしたいしね♪


そういえば、終業式と言えば通知表。
相対的評価とはいえあまり悪いことは書いてないものだと思うのですが
やっぱり見るときはドキドキしますね。
そして、一年間の作品やら何やら持って帰ってきました。
こういうのって実は保存に困りますよね。
なーんて思っていたら、図工で作った作品と一緒に撮った写真が貼りつけてあり、
横に本人が感想を書いて先生からもコメントを貰っているものの綴りがありました。
絵だけを撮ってくれた写真とか。
すごいよねー。
こういうの作ってくれちゃうんだ。
更に、一年間学校で撮った写真を焼いたCDまで頂きました。
私が小学生の頃からは考えられない発想だわ。
デジカメとか普及することで授業も変わったんだろうなあ、って思います。
教室の掲示物にも子ども達の写真がふんだんに使われていたし、
いい時代だよね~。
先生達も技術と工夫次第でいろんなことが出来るようになってるんだろうな。
その分難しいのでしょうけれどね。
しかし、恵まれてるよね、今の子どもって。

しじみ汁

久々にしじみの味噌汁を食べました。

ばあばが、(自分に)鉄分が足りない!と大騒ぎして作ってくれたものですが
私、貝のお汁はとっても好きなので内心ウキウキでした。

一年前にちきがあさりでカユカユのぶつぶつだらけになったので
それ以来お蔵入りしていた、貝汁。

様子を見ようと思ってトライ!

ちき、貝に興味深々。
しじみだから小さいのに開けたり閉めたり遊んでました。
あはは。

美味しかったらしく、がぶがぶ飲みます。
味噌汁系は好きなのでいつものことですが。
軽くお椀一杯は飲んだかな、というところでストップ。


お風呂上りに、体に湿疹を発見。

お腹と背中にぶわっと。

うーん、こりゃしじみだね、とつぶやくとばあばが申し訳無さそうにしていましたが
わかっていてトライしただけなので心配無用です。
ていうか、ばあばはちきに貝類を食べさせていないのを知っているはずだったのに
食べる段になってそのことはすっかり忘れていたのだね。
そっちの方が怖いんですけれどー。

しじみがダメなのか塩分がダメなのかよくわからないんですが
貝類はやっぱりもうちょっとしてからだなー。

母乳経由で(はい、まだ飲んでいます。量はほとんどなくて心の栄養ってだけなんですが)
ピーナッツがダメそう。
いや、たまに柿ピーとかね、食べたくなるので。
小麦も醤油とか少量ならば何ともないのですが、そのものを食べると母乳経由でどうもだめっぽい。
ちき、夕方や夜、朝に母乳を欲しがる(おっぱいを恋しがるだけ)ので
量は微量(つか出てない)なはずなんですが。
それと私の食べる量を考えると、実際ちきが食られるのはまだまだなんだなあって思います。
その前にフィルター的にお試しが出来て良かったわ。

だんだん母乳も、他に楽しいことがあれば忘れられる存在になっており
Xデーは近いなあと覚悟しています。
寂しいよねー。
もう二歳過ぎだしだらだら続けるのも良くないのかもしれないけれど
別になくても平気だよ、って明日にでも言われそうなこの状態にドキドキしつつ
母乳を求める姿に喜んでしまうのでした。

もちは8ヶ月で卒乳してしまったので、既に十分長いんですけれどね。

担任の先生とお話しする

先日のちきがチョコパイを欲しがった姿を見てからというもの、
保育園ではこの子はどうしているんだろう?という疑問が膨らみ
先生に連絡帳でお尋ねしてみることにしました。

保育園での給食やおやつの時の様子、
自分だけ違うことについてどういう態度を示しているのか。
そして、そうだ、来年度の担任の先生決まったのかな?
来年度は先生の人数とかどうなるんだろう?
なんて書きながら気が付いて(←遅いよ)
これは一度お話させてもらわねば!と思いました。

先生から、来年度の担任はまだ決まっていないとお返事があり
いつもお迎えはじいじに頼んでいるのですが
「お話したいことがあるので一度ママが来て下さい」と結ばれていました。


「お話したいこと」って?
連絡帳には詳しく書かれていなかったので
なんだかドキドキ。

どうしよう。
お話って・・・・アレルギー関連じゃなくて
「ちきくん、保育園でお友達にいじわるするんです」とかだったりして。
実は暴れん坊の聞かん坊なんです、とか?
こんなにいい子なのに。
自分で冷蔵庫からジュース出して、「おかさん、これあけてくださいっ」って言うんだよ?
(言葉は丁寧だがやってることは悪い)

とにかくドキドキして行ってみたのですが

お話の内容は、
やっぱり食物アレルギーのことでした。
ホッ。
そのほうがある意味安心だぜ。


ちきの保育園の先生は、ほとんどの先生が若いです。
若くて、のびのびして、みんな一生懸命。
子どもが好きなんだなってのが伝わってくる先生ばかりです。

ちきの担任の先生も、若くてクラスの子ども皆に愛情を注いでくれています。

皆に目を配り、ちきにも配り、って大変だと思うんですよね。
プロなので、事故の無いように頑張って頂くのですが。

先生とのお話では
来年度は担任がまだ決まっていないので持ち上がりかどうかもわからず
新しい先生であれば引継ぎだけでなく私からも直接お話して欲しいこと、
給食・おやつ内容は1歳児とあまり変わらないこと、
(いきなり摂取カロリーが増えて卵や乳が増量したりはしない)
今はまだお友達はちきだけ違うことに気が付いてないこと(笑。そんなもんか2歳児は)
運ばれてきた給食などにちきが一番興味を示すこと。
ちきは自分と周りの違いに敏感であること。
(おやつがお煎餅とウエハースで二種類なのにちきはりんご一種類とかだと怒るらしい)
などなど。

で、
「ちきくん、食べられるようになってきてるんでしょうか?」
というような内容のことを聞かれました。

まあ、食べられる物が増えれば給食の先生も負担が減ってやりやすくなるだろうし
目に見えた成長って嬉しいですけれどね。

先生の言い方から、いわゆる世間一般の認識の、
少しずつ食べさせてみている(努力をしている)のか?というニュアンスを感じたので
「今は、主治医の方針で、アレルゲンから遠ざけています」
と答えました。
負荷入院して様子を見るとか減感作療法もあるが主治医は今のちきには勧めていないこと、
アレルギーコップの例えなどかいつまんで説明して
今は完全除去をして体を大きくすることを考えているんです、と言いました。
ちきは、数値に出なくてもダメそうなものもあるし
糖分や油分が多いものにも弱いこと、時々試しては撃沈していることなど
お話しました。

私は、ちきのアレルギーは長い目で見なければならないかなと思っていること。
そのうち食べられるようになる、と思ってはいるけれど
それは今すぐや2,3ヶ月先ではないだろうと。
食物アレルギーに対して悲観せずポジティブに捉えられる子になって欲しいこと。
など。

それは私のやり方なので、100%これでなくては、というわけでもなく
保育園で預かってもらう以上は出来ないこともあると思っているので
先生と話し合って出来ることやちきにとってのベストを探していきたいと思っています。

先生は、食物アレルギー児が初めてらしく
どう勉強していいのかもわからないというのが正直なところのようで
「何かいい本とかありますか」
なんて言われてました。K先生の本?(いや難しすぎるかも)
先生としては、ちきの心を一番に考えてくださっていて
自分がアレルギーを受け止める時期という一つの山に対して
どうフォローしたらいいんだろう、と悩んでくださっているようでした。
事故が起きないようにはいつも気をつけているけれど
食アレっ子の心情に先生自身もハッと思っていただけたことが
私は嬉しかったです。
先生や園にとって、ちきを受け入れたことでアレルギーの知識を増やす機会と捉えていただけて
次のアレっ子へ繋げていってもらえたら、と願っています。(おこがましいですが)

最近のもち

コアリズムが欲しい!

(↑連日の早起きちきに付き合ってTVを見て感化される私)


さて、一年生も終わりに近づきました。
もう小学生かあ、早いなあ、と思っていたもちですが
いつの間にかすっかりランドセルの似合う一年生になっていました。
ランドセルを背負い忘れて平気で「いってきまーす」なんて言うし
朝の出掛けにボーッとしていて「急げー!」と声をかけることもしばしば。
学校では、気持ちを伝えることがなかなか出来ずに
語調の強いお友達に言い負かされて悔し泣きすることも多いです。
正統派のもちなのですが、世の中正しいだけじゃ渡っていけないのよね・・・。
第一子なので、自分は何でも出来ると思っているフシもあり
もまれてもまれて強くなれ、と見守るのみです。
相変わらず読書が大好きで、たえず何か本を読んでいます。
すぐに読んでしまうので図書館で借りてきて、また返しては借りてを繰り返しています。
↑最近の学校教育は本を読むことを推奨しています。
「うち読」なんて言葉もあるようです。
本を読むことで、物事を考える力やじっくり取り組むがつくとか。確かにそうかもね。

もうすぐ2年生。

いつまでも小さいままでいて欲しいけれどそれは親の考えだよね。
着実に成長していて、もちはもち自身の人生を歩んでいます。
だんだん、子離れしなきゃならないのは私のほうで
気がつけばしっかりした、いっちょまえの娘になっているのでした。
学校で練習した親の知らない歌を歌っていたり
テストでうっかり間違えた、と悔しがったり。
もち個人を尊重して、しっかり考えて成長できるように手助けしてやりたいな。

人数の少ない学校なので、もちの学年は来年からは複式になります。
複式って・・・・お話の世界じゃなくて実際あるんだね~なんてのんきな私でしたが
懇談会で他のママと話していて、私はのんきすぎたようでした。
2年と3年は教科内容が違う(生活が理科と社会になる)ので
いくら人数が少なくても、一人の先生が同時にやるのはきついそうです。
なので、補助的にもう一人先生がつくのが普通なんだそうですが。
来年度からは県全体で一クラスの人数を減らすためにクラスが増え
教員が足りなくなっているので、もちの学校には先生が増えないとか何とか。(噂)
確かにね、2年(ぼんやりした奴ら)と3年(反抗期のギャングエイジ)が担任一人ってきつくね?
掛け算も始まるし、どーなる?もちのクラス?

もちは
「二年生になったら、今の二年生と一つの教室になるんだよ♪」
と非常に嬉しそうにしています。
うん、まあね。それは確かに楽しそうだよね。

先生が発表になってみないとわからないのですが
まあ、来年度も楽しいといいね。

自分は食べられないこと

ちき、4月からは保育園の2歳児クラスです。

毎日お弁当持参(コピーはしない)なのですが
最近、いろいろなことがわかってきて気持ちを表現できるようになってきたちきは
お友達のおやつなどを欲しがることもあるそう。

自分だけ違うので「いらない!」とふてくされる時もあったようです。

へぇー、そんなことするんだ。
ちき、へそ曲げちゃうこともあるんだ!
なんて感心している場合ではなく。

家族はちきの目の前では明らかに食べられないものを食べないので
自分がアレっ子であって食べられないものがあることはわからないちき。
保育園で普通の子と一緒に生活するのは、ちきには大事な社会経験になるわけですね。

ただ、まだ自分がアレっ子だから食べられないことと、
目の前にある美味しそうなものが食べられないのが結びつかないんですよね。
当然ながら。

もちのスポ少にくっついて行き、ちゃっかり一緒に差し入れをいただいてきてしまい
ハイそれ食べられません、ってモノ(このときはチョコパイだった)でも
しぶとい。離しません。
「これ、たべゆたべゆたべゆー!!!」
ってか、何でこれが食べものってわかってるの?

言い聞かせたって、目の前のものと自分の状態なんてそんなのかんけーねーですよ。
だいたいただでさえ言い聞かせの効かない魔の2歳児ですから。

まだ、力が弱くてチョコパイの袋を自分で開けられないので
それをいいことに、そのまま車に乗せてスーパーへ行き
食べられるけれど大量にはダメよ、というスペシャルアイテムであるじゃがりこを買い
じゃがりこに気を取られているうちにチョコパイを隠して乗り切りました。
やれやれ。
これも通用しなくなるな、と思いつつ。
でもその頃には、言えば少しはわかる位成長してくれているのかなあ。

これからの一年、二年でだんだん、少しずつわかっていくものなんでしょうかね。
母としても正念場なんだなあと思った次第です。

保育園の先生とも、給食のことやちきの気持ちケアについて
お話しする予定です。
main_line
main_line
プロフィール

Author:いくら
アレルギー体質な
シングルマザーいくらです。

いろいろあるけれど人生
適当に悩みながら
楽しんでいきましょ。


ちき:3歳
卵・小麦アレルギー
その他数値に出ない
怪しげ食材多数アリ
車、工事車両、電車命

もち:8歳
小児喘息まだまだ継続中
読書大好き小学生

いくつになったの

いくつになったの

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。