スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胸をはって

もちの大好きな絵本

からすのパンやさんからすのパンやさん
(1973/09)
加古 里子

商品詳細を見る



パン・・・・。

というだけで、なんとなく敬遠しがちだったのですが
最近じっくり読んで、

いい話だ!

としみじみ思いました。
パンが小麦だと言う話ではないし(←当たり前)。

定番の絵本なので、あらあすじはカットします。 

カラスのパンやのおとうさんとおかあさんがいっしょうけんめい働いて
売れないこげたパンやはんやきパンをおやつに食べている
カラスのこどもたち。

おともだちは
「いつもかわったパンがおやつだね」
と言います。


「そうさ、
これはせかいじゅうで
おとうさんしかやけない
めずらしいおやつパンなんだぞ」


「味はおいしいの?」


「おいしいわよ。うそだとおもうんなら
ちょっとあげるからたべてごらんなさい」


そして、美味しい!ということになり
ぼくも、わたしも明日買いに行くからね!となるわけです。


はい。


そして、もちの幼稚園時代をちょっと思い出しました。
気が弱く、でも正義感の強いもち。
いじめっこには正しいことを言っても通じませんでしたねー。
一度、歌詞を間違えて歌っているので教えてあげたら
「これでいいの!もちちゃんが違うんだよ!」と言われ
もち、泣き寝入り。
世の中はそういうものです。

違うか。

子どもの世界、威張ったもの勝ちというわけではないですが
正しいものだけが正しいとも限りません。
子どもたちには何がヒットするかわからないというか。

一人、違ったことをしたからと言って必ずしも変なわけでもない。
逆にそれが大流行を巻き起こすこともあるわけですよね。

そこで思ったのは、
ちきが美味しそうに、嬉しそうに、除去食を食べていたら
それは広がるのではないかということ。
「米パンっておいしそう!」
「ぼくも米パン食べてみたい!」
なんて。
羨ましがられることもあるかもしれないなあって。

胸を張って。

ちき、自信持って。

「おいしいね」っていっぱいいえるように
お母さんも作るからね。
スポンサーサイト

久々の米粉クッキング

久しぶりにお菓子を作りました。

昨年の秋、白神こだま酵母を切らしてからは
手持ちのリファとベーキングパウダーで細々と作っていましたが
ついにリファも底を突いてしまい
やっとcuocaさんで注文。しかも大量買い。にやり。

届いたら嬉しくって、早速作りました。

20080130063629


ハートだらけ。

こちらは、

こむぎこさんの記事、最近のおやつ(どれも美味しそう~)から辿った

ナオさんの、キャラメルクリーム入り・米粉のスィートポテトカップケーキで作らせて頂きました。

ボンヌママンのマロンクリームも一緒に購入していたのですが
こむぎこさんの言われるとおり、マロンクリームでも美味しそう♪
次はマロンクリームで作ろうっと。
(ああ、体重が・・・)

ちきの食いつきをみて思いましたが、やっぱり米粉クッキングはいい!
甘さの調節が可能で、野菜を忍ばせることも出来て。
美味しいし、何より安心。

パンも作るぞおー♪

卵料理

三連休、特に予定も無い我が家。
ちきが昼寝をしてしまったので暇を持て余したもちがテレビをつけたところ
流れてきたビギナー用の料理番組は卵特集。
久々に卵を見ました。
ゆで卵、卵焼き、オムレツ、いり卵、親子丼、カツ丼などなど。
料理番組だけあってさすがに美味しそうな映像でした。

もちは、「食べたいなー♪」と惹かれていましたが
私は不思議な感覚で眺めていました。
人によっては美味しいと思えるものが毒となること。
この卵をもちが口に入れたら「美味しい」なのに
ちきが口に入れてしまったら命の危険があること。
映像を見て味もまだ思い出せますが、美味しそうとはもう思えなくなっていました。


ちき、何がどうなったのか、カユカユMAXです。
久々に掻き壊してしまいました。

義実家に預けていたときに出汁入り味噌で作った味噌汁を食べてたということがわかり
やっぱりアレっ子なんだなあとショックを受ける私。
そう、義実家はすっかりレトルトカレーだと思っていて、逆に安心していたのですが
今ではたまに作ってくれるようになり、それは最初の思惑通りなのに、なのに、
心落ち着かない私がいます。

ゼータクですね。

先日、仕事なのでちき・もちを預けに行くと
「ちきの醤油持ってきた?」と義母。
うっかり忘れてしまったので(レトルトカレーだから要らないのかな?と思い始めた頃だった)そう言うと

「じゃー仕方ないか!今日くらい!普通の醤油で・・・」



ええええええーっ!



「ダメダメダメーっ!」
「だって、味無しじゃかわいそうでしょ?」

ぼへー!

「ちょっとでもやっぱり痒くなってその方がかわいそうなので味無しで、茹でてください」

と言うも、なんとなく納得のいかない様子の義母。
時間が無かったので、とにかく「茹でただけでいいから!」と言い残し仕事へ。

結局、私の言った通りに茹でただけのものを食べさせてくれたようで安心しましたが
この日の仕事中は生きた心地がしなかった~~~。


そして思い出しました。


我が家のヨメシュー、勃発の原因は味付けだったことを。



その昔、夫の病気云々でいろいろあり(長いのでカット)
義実家で同居したことがあります。
普通の家で、完全同居。
どうせ出て行くんだし、と今までのスタイルは変えない義両親に
一番合わなかったのが味付け。
関西出身、和食、魚、薄味好みの私と
外食大好き、洋食、肉、濃い味、油モノ大好き義両親。

私が食事を作っていたのですが、まあ、濃い目好きな人に薄味は口に合いませんよね。
だいたい料理が下手なのに加えて味付けが悪いと言うことで
大ブーイング。
でも私は、もちには濃い味を食べさせたくなかったのでめげずにおしゃもじ権を握りましたが。
いつも、もちと私の分だけ取り分けたら、これでもかー!と味噌だの醤油だの砂糖だの入れてました(笑)
だいたい、アイスコーヒーにシロップを2つか3つ入れる義母ですからねー。
ちょうど良い加減がわからなくて、ちなみに今でもよくわかりません(笑)

そんな義母ですが、血管系の病気を立て続けに患い
今では少しは薄味になりました。それでも私にはとんでもなく濃いですけれどね。
血管を詰まらせた義母が命を取り留めたのは、あの同居生活での薄味時代があったからだと
勝手に思っています。


そんなことを思い出しました。

そうか、味付け無し=美味しくない、という図式から可哀想なのか。
それでも言ったとおりに茹でただけに留めてくれたのは義母的には大進歩なんだなあ。

人に歴史あり。
人を動かすのも期待するのも、他人だしそれぞれの生き方や考えがあるのだもの、
難しくて当然かな。
ゆっくり説明して少しずつ受け入れてもらえればそれでいいか。

ぼけぼけ。

お正月も終わり、新学期が始まり
やっと通常モード。
保育園に、小学校にと子ども達はそれぞれの生活が始まりました。

休みの間は、義実家2日連続食事会があって
(義妹夫婦が来た翌日に義姉家族が来た。一度にまとめてくれー)
のだめを見逃した。ムキー。

そして、今はだらだらしすぎてリアルのだめ部屋と化した家の片付け中。
まだ途中なんだけれど、休憩、休憩。

新学期の始まりを勘違いして
「明日始業式よね?」と大騒ぎした6日。
始業式は8日でした。
もちに指摘される母。
「えー?ふゆやすみは7にちまでだよー?あしたがあるじゃん?」
「ああそうか。良かった♪」
と、7日もだらけてしまい、8日早朝に慌てて歯磨きカレンダーの色を塗ったり
冬休みの感想を書かせる始末。

義実家での集まりとなると、子どもの存在感が薄いので
(まだまだ大人モードの食事会大宴会)
アレっ子ちきには危険も多く、夕方から始まるとのことで
「なんだかもちが風邪気味で・・・」
と欠席という手段をとった鬼嫁です。
(注:ちきが、と言うともちだけ連れて来いとなるので。そこは押さえてます。)


ええ、面倒だったんです。


一日目は昼間だったので行きました。
隣組の用事と被ってしまったので、結局子ども達だけを預ける形となり
危険物はテーブルに放置するな!
ちきから目を離すな!
などなどうるさく言い過ぎて盛り下がったようですが(鬼嫁本領発揮。笑)
ササッと食べて、飲んで、義両親は孫と遊んで、終了。
その時に「明日行くから」と義姉から電話があったので「じゃあ明日改めて」と
その場は軽く収まっていたようです。
二日連続はきつい!嫁、限界ー!


いろんな意味で。


正月早々、見切りの早い私です。
アレルギー以外にも義実家とはいろいろなものが絡んでくるのですが
なんだかまだ整理できてない。

あ、二日目の大宴会には、私だけ参加してきました。
義姉家族に会いたかったので。
ちきへのお下がりをたんまりもらってきました。
んで、義母からはオードブルやらピザやらの料理を分けてもらって帰りました。

なんで私だけが行ったのかとか、料理はそれかい!とか
突っ込みどころが満載ですね。
はい。

夫のことで色々と義実家に期待したいところなんですが
ああ、やっぱりわかんないんだなーと改めて諦めてしまったところです。
夫に対してもそうなんだもの、アレっ子ちきに合わせるのも限界があるのは当然だな。
逆に、無理してこっちが合わせなくても、表面的に体裁が整っていれば
こうやって行かないと言っても通るので無理せずにやりやすい方法で付き合えばいいや。

など、年の初めにわかって良かった♪

さてさて、掃除せねば・・・。

まとめ。

帰り道、抱っこ紐で寝てしまったちきを抱えて
もちと手を繋ぎ、聞いてみました。

「ごめんねー、おにぎりだけじゃお腹すいたでしょう?」
(思ったより空腹だったらしくちょっとしか持っていかなかったので足りなかった)

「ううん。あたしね、いちねんせいだから、食べたいものはがまんできるんだけれど
ちきがいないのはがまんできないの。
ちきのことがだいじだから、ちきがいるほうがいいから
たべるのはがまんできるよ。」


・・・・・。

実は、券をもらったとき(←タダ券だったのか!)
2枚だから、ちきが保育園の間に冬休みに既に入ったもちと二人で行こうか?とも
考えていたわけです。
もち一人連れて行くなら移動は楽だし、思い切り泳げるし、
流れるプールにも入ってやれる。
そもそも食事を考えるとハッキリ言って楽なわけで。
でも、そういう考えでそれはしたくない。

食べられない、と食べないは違うんですが
「食べられる」もちは「食べない」という認識じゃなくて「我慢する」と考える方が多い。
アレっ子だって普段からいつもいろんなことを「我慢」してますけれどね。
大人だって、「我慢」ってストレスになるし
例えばやせようと思って甘いものを「我慢」すると余計に食べたくなったり。
なので、なるべく「我慢」にならないようにしたいんです。


ちきがいるからできない、じゃなくて
ちきがいるからこうしよう、って思えるようになりたい。
それは私も。
もちにとってこんなに大切な弟なんだもの、二人が笑顔になれるような生活がしたい。
おでかけもいっぱいしたい。
代替食だって、お腹いっぱい作るよ。


そうそう、ハワイアンズは、お土産コーナーを通って退場するシステムになっているのですが
食べ物以外のお土産もたくさんです。
貝殻、アクセサリー、キーホルダー。おもちゃだの何だの。
「買ってー!」「買ーわーなーい!」とバトルしてる親子を見ました。
そうだよね、食べ物だけじゃないよなあ。

食事編

今まで、ハワイアンズに行くときは、行きの車でおにぎりを食べ、お腹が空く前に撤収していました。

それはアレっ子ちきが生まれる前からで、
行く前にすき家とかで食べてお腹が空く前に撤収してました。
あまり中でお金を遣わないいくら家。

でも、今回はアレっ子的ハワイアンズの楽しみ方を探してみようと思い立ち
行く前に電話なんかしちゃったりして。

食物アレルギーがあるのですが、と質問してみたところ
・館内にはレストラン・フードテラスがありアレルギー表示は声を掛けてもらえれば提示できる
・おにぎりを売っているところあり
・アレルギー対応食(低アレルゲンプレートなど)はない
・基本的に持ち込みは不可だが、そういう理由であれば可。家族が買って食べる横で堂々とおにぎりを食べても良い。店の中でも声を掛けてもらえれば可。

でした。
こうして文章にすると、もうちょっと突っ込んで聞くべきだったかなと思います。
レストランにあらかじめ頼んだら対応食を出してくれるか、とか。
遠くから来る人に何の情報にもなりませんね。すみません。
スタンスとしては、対応に力を入れ切れてないので、食べるものが無い場合は持ち込んでね、と言う感じかな。
断られないだけ嬉しいですね。

さて、泳いでお腹が空いてきたのでまずはおにぎりを探します。
おにぎりは、江戸情緒満載の露天風呂の方にあるとのことだったので
プールにいる私達がわざわざ行くのは遠いから、断念。
露天風呂近辺は、江戸ってことで駄菓子屋やお煎餅、お団子などのお店が並んでおり、そば屋さんもあるので和テイストなものもあるかもしれません。小麦や醤油がOKならば、そちらで食事をしても良いかもしれないですね。
買い食い気分も味わえると思います。
(ちきにはまだ無理だった)

なので、フードコートへ。

南国フルーツ、オンパレードです。
椰子の実ジュース、パイナップルジュース。見た目もインパクト大。
アレ子に危険な南国フルーツですが、仕方ないです。

だって、ここはハワイなんだもん。

フードコートにはピザ屋、ロコモコ屋、アイス・パフェ屋、ハンバーガー屋がありました。
一番いろいろあったハンバーガー屋でアレルゲン表示を見せてもらい
オッケーだった(唯一)ポテトセットを注文。
でも、油は怪しいよね~~~。コンタミも。そこまで求められない雰囲気。
鳥のから揚げ(ちきNG)はもちが。ポテトはちきが食べました。20080102105646

今日のお母さんはいつものケチケチ母とは違う!と敏感に察したもちが「ホットドッグ!」「ハンバーガー!」「焼きそば!」コールをしましたが、アレルゲン表示を見て冷静になった私により却下。
おとなしく二人で持ち込んだおにぎりを食べました。

ちきはまだまだ自分の状況がわからないし
大好きなもちが食べていれば欲しがります。
ポテトはちきが大好きなので、独占してしまい横でから揚げを食べても平気でしたが、もし
逆だったら、ごまかせるものが無かったなあと思いました。

同じ持ち込むなら、次はどどーんとロコモコ風にするよ。旗も立てちゃったりして。
焼きそばも、あわ麺で作るよ。
テーマパークは気分だから、そのあたり食べ物って難しいなと思います。
しかもプールってお腹空くんだよね・・・。

宿泊の場合は持込が難しいので、もうちょっと対応が違うのかなあとか、違うといいなあと思います。
レストランとかも、相談に応じてくれると助かりますよね。
我が家はちょっと敷居が高くて、今回は行きませんでした。

つか、(以下言い訳)
私冷え性なので、濡れた水着のままうろうろしたりご飯を食べたりするのが苦手です。
寒いのー!
ということで、いつも泳ぐだけ泳いだらさっさと温泉に移動して温まりたい。
ここは外にもプールがあるんですが、寒くて行きません。
そういう人用に、温泉コーナーとかサウナとかそこら辺にあるんですけれどね。

なので、あまり参考にならなくてすみません。

もち、更にアイスを欲しがりましたが速攻却下。ジュースで十分。
アレルギー以前に「泳ぎに来たんだし!」という理由です。
まあ、ハワイなので暑いしお腹も空くし、ってのもわかるけれどね。

散々泳いで、大満足の二人を連れて帰りました。
母はクタクタだよ~~~~。

隣に座った家族が食べていたピザをもちが羨ましがっていたので
「家に帰って作ろうね」との公約どおり200801021056462
20080102105647

せめてスライスもちは小さく千切るべきだったか。
もちはこれで満足してくれたようです。

常夏の国へ

外は寒いので、常夏の国スパリゾートハワイアンズへ行ってきました。

年末押し迫った時期に行ったので門松がお出迎え。20080102090720


他県ナンバーから地元ナンバーたくさん。
駐車場がいっぱいだったのですがやっぱりすごい人、人、人。200801020907202

スライダーの券が売り切れてました。

館内に入ると、あまりの人ごみにまさかのちきが大号泣!
「いやー!かえるー!かえるー!」
おいおいおいおい来たばっかだよ。
わくわくのもちと恐怖でいっぱいのちき。
ちきを落ち着かせるべくまずはジュース。(←いつもは買わない)
飲むだけ飲んで、また号泣。

抱きかかえて移動しますが、温泉大浴場のあるロッカーまで
一番大きなプールのドームを通るので
また人が多いだの館内の雰囲気が怖いだので号泣。

すっかりへそを曲げたちきは着替えもせずにいます。
ここは常夏の国で暑いので、服脱いで欲しいんだけれど。200801020958484


子どもプールもいっぱいです。
20080102095848

もちが楽しそうに泳いでいるのをみてだんだん気分が乗ってきたので着替え。
それからは大興奮。
予想通り、帰りは帰るのを嫌がって泣きました。

もしや、もちのお下がりの思いっきりオンナノコ水着が嫌だったのかなあ・・・。200801020958482
20080102095847


ここはフラのショーもあります。
200801020907206

観覧席(食事つき)もあるようで、余裕があればそちらを利用すると
じっくり観られます。

main_line
main_line
プロフィール

いくら

Author:いくら
アレルギー体質な
シングルマザーいくらです。

いろいろあるけれど人生
適当に悩みながら
楽しんでいきましょ。


ちき:3歳
卵・小麦アレルギー
その他数値に出ない
怪しげ食材多数アリ
車、工事車両、電車命

もち:8歳
小児喘息まだまだ継続中
読書大好き小学生

いくつになったの

いくつになったの

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。