スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おでかけ

むふふ。

いつも仲良くさせて頂いているまあるくいきたいのまるさんとお会いしました。

しかも、おうちにお邪魔しちゃいました!
とっても素敵でした。
近くに非常に大きなコープがあって、立地条件もバッチリ!
うらやましーい。


姫ちゃんはかわいらしくて、プリキュア大好き女の子。
自分の主張もちゃんとできるおりこうさんです。
親同士が話し込んでいる間、もちと二人で延々おうちごっこ&お人形遊びをしてくれてました。

王子くんはとにかくかわいい!
ちきの一年前よりもおとなしいように思いましたよー。
うちはベビーカーなんて乗れませんでした。(遠い目・・・)

アレっ子同士、アレっ子の姉同士、通じるものがあったのでしょうか
みんな仲良く遊んでいました。
ちきと王子くんなんて見詰め合ったり手を握り合ったりして
無言の語らいが・・・(笑)
何しゃべってんだろうなあ。

子どもがたくさん居ると、押したり取ったり揉みあいで
酷いときは全員泣き出したりの大騒ぎになりがちですが
不思議とそれは無かったですね。
つか、うちはちきが生まれてからこんな風にお友達遊びをしたことは
ほとんど無いかも。

さて、アレっ子同士ということで
入念な打ち合わせの元、まるさんのお手製料理をいただきました。

ありがとう!まるさん。
お手伝いも片付けも全くしないで食べる食べる。(←注:私が)

ごちそうになったものはコチラ
・たこ焼き
・野菜入りフォー
・三色白玉だんご
・蒸かしイモ(子ども達による型抜き)
・りんご・みかん

20071229075117


たこ焼き器、どうせならホットプレートについてるのがいいと思って
買い控えていたのですが、やっぱり欲しい!
単品欲しい!
初売り狙うかなー。

中身は1センチ角に切ったコンニャクを醤油で煮たものにしようということになり
我が家は調味料も小麦除去なので私が煮ていくことになっていました。
出かける前夜、買い置きがあったと思って冷蔵庫を開けると
そこにあったものは糸こんにゃく。(脱力)
ごめんよ、まるさん。
なので、まるさんがエリンギを用意して下さっていました。
タレも手作りで、美味しくペロリ!
ちきは「おいしーね」連発。食べる食べる。

200712290751172


そしてキレイな3色おだんご。
ぜんまいざむらいみたい。


アレっ子同士と言っても、除去品目も除去レベルも各自違うし
こうして一緒に食事を取ることは非常に難しく
容易なことではないと思います。
万が一の危険性だってあるわけですし。

アレっ子同士の会食はすごくすごく難しくて
あまり大きく謳えるものではないかもしれないですが
今回それはお互い納得の上、打ち合わせをしてのお食事でした。
食器は紙皿を用意してくださり
調理中もコンタミ防止、そのほかにもとても気を遣っていただいたと思うし
本当にまるさんには感謝しています。

楽しい時間をありがとう!

そして、お土産に頂いちゃったものはコチラ↓

20071229080237


世の中には私の知らない便利なものがいっぱい。
我が家はこれで年越ししまーす!
スポンサーサイト

サンタさん参上


20071225232851

今日はクリスマスですね。

クリスマスイブの我が家のメニューは、
野菜だらけのハンバーグ。
(豚挽き肉、レンコン、玉ねぎ、ピーマン、ひじき、
玄米フレーク、米粉)
マッシュポテト&ハッシュドポテト
つなまよさんのホットケーキ重ねに豆乳ホイップデコ。
(みかん・ドライフルーツ、ブルーベリー)

以上。
米かイモかという、非常にお腹にたまるラインナップでした。

どうにかしてクリスマスらしさを出したくなった私
ハンバーグをフライパンいっぱいに焼き、ケチャップでツリーを表現。
(う・・・苦しい)

もちとばあばにデコを任せたので、気分がそれで十分盛り上がった模様。

おうちのやくざいしつなまよさんのホットケーキはとてもとても美味しかったです。

なんとなく、クリスマス気分を出せればそれでいいや~という
ゆるゆるな親なのですが
もちは寝る前になって「サンタさんに手紙書くの!」

えええ~今から?

プレゼントのリクエストは受け付けないよ?
と思ったら

「さんたさんへ。いつもありがとうございます。とてもうれしいです。」

という控えめな内容。

手紙がなくなっていたらサンタさんがいるってことだからそれを確かめたい、と言います。

今年は、誕生日でたくさんプレゼントを頂いたのですが
それをちょいと隠しておいたので、それで間に合わせようと思ってました。
(あくどい母)
でも、隠しているのをもちが知っているのを私は知っているので
ここでこれだけを出すのも、何だかねえ。

ああ、何か準備しておけば良かったー。
でももう買いに出られないし。

ということで、急遽作成したのがコチラ。

20071225232850


以前からちき用に綿のマフラーを作ろうと思っていたのです。
ワッフル地で、二人分。
ワンポイントにいちごのフエルトを縫い付けて、完成。
意外に簡単でした。

朝起きると、
「おかーさん!サンタさんが来たよ!」

隠しておいたプレゼントは、私の祖母からの洋服だったのですが
それを開けたもち、

「・・・なんかひいばあちゃんからもらうみたいな洋服が入っているよ?」

むむむ。鋭い。
ひいばあちゃんは結構ハイカラなので、いつも二人にオサレな洋服を買い与えてくれます。

マフラーは、ちきはもちに嫌がることなく結んでもらい
結んだまま保育園に行きました。
喜んでくれたようで嬉しかったです。
今年も夢をありがとう。

クリスマスのブーツ

お騒がせしました。

我が家は皆無事です。
もちもちきもその後は吐くことが無く、私もばあば皆元気です。

酷く吐きまくり一家でうつしあったもちのクラスメートですら
ノロとは診断されず、ただの胃腸炎だったそうで
うちも多分単なる胃腸炎だったのでしょう。
昨年の猛威を思い心臓バクバクものでしたが
とりあえず良かったです。
ご心配いただきましてありがとうございました。

さて、冬休みに突入ー。
元気有り余った小学生をどうすりゃいいのか。


相変わらず、土日に仕事の時は義両親に預けてます。
毎回、キッチンにドン!と置かれたレトルトカレー四パックを気にしつつ
出勤しています。
みんなで同じものを食べようという心意気は非常に立派です。
あと、隣のスーパーで買っておいてくれるようになったのも大進歩。

でも、いくら週に一度とはいえ、飽きないかな?
別に毎回カレーじゃなくてもいいんだけれどなあ。
でも安全といえば非常に安全だしな。
他人(しかも頼りない←鬼嫁)に預けるんだもの、全部期待通りにはならなくて当然。
譲れないところを押さえたら後は目をつむるくらい必要よね。
などブツブツつぶやきつつ。


もうすぐクリスマスですね。

私の祖母から、もちとちきにクリスマスブーツが届きました。
大正生まれの祖母、ひ孫可愛さにいろいろ送ってくれますが
食アレだけは何度言っても理解が出来ないようで、
もう高齢なので断るのも悪いし気持を貰おうと思って
お菓子のプレゼントも受け取っています。

スーパーに行くとブーツがいっぱいあるからか
買うのが嬉しかったらしく
もちにはキティちゃんのバケツいりとプリキュアのブーツ。
ちきにもポケモンのブーツでした。

偶然同じ日にいとこからお下がりが届いたのですがその中にもお菓子のブーツが。


お菓子のブーツ、アレっ子的にはいろいろ思うところありますね。
ちきはまだ小さいしどうしようか(なかった事にするか中身をおもちゃにするかとか)思いつつ
私ですら色々な感情が入り混じりました。
とりあえず隠してしまう私。

我が家に集まったクリスマスブーツ4つ。。
中身をチェックし、ちきが現段階で食べられそうなものは無しでした。
ラムネとゼリーが一個ずつ入っていたので
これらは来年か再来年くらいには食べられるかもしれないかな。
(今はまだ駄菓子程度の保存料や着色料にも弱い)

大量のちきには食べられないスナック菓子たち。
もちに見せたら大喜びなのは決まってるんですが。
こっそり食べさせるにも多すぎだし、食べさせたいものはあまり入っていない。
でも、もちも少しくらい喜ばせたいしなあ。
でも、ちきを区別したくないしなあ。

ぎゃー、わからん!


そもそも、これの目的は何だろう?
ブーツにいろいろ入っているのが嬉しいのか?
キャラクターの絵なのがいいのか?
だったら中身はおもちゃとかでもいいんだよね?

てなことで、ちょうど100円ショップで買いこんできていた
折り紙だの風船だのお箸だの(←生活用品)を詰合せて渡したら
もちが異様に喜びました。
にやり。
もちを押さえればよしよし。

実は、もちは勘が働いたらしくお菓子入りブーツ見つけてしまったんだけれど
お菓子いっぱいよりも嬉しかったと言ってます。
何で?と聞くと
お菓子は食べたらなくなるから、とか
甘いものは虫歯になるから、とか
ちきが食べられないから、とか。
結局、もちは自分がお菓子を食べることが出来るので余裕なのかな。
一年生はうまく言葉に出来ないようで真相はわかりません。

我が家では4個のブーツに入っていたお菓子は
人にあげたり、ばあばが食べたりして消化しそうです。

ノロにやられる。

世間ではノロが猛威を振るっているようです。
もちも、流行に乗ってノロにやられてしまいました。

先日薬をもらいに元気な状態で病院に行ったところ
前の患者さんが中待合室にゲロバケツを置いたまま診察に行ったので
(↑これってどうなのよ。)
いや~な感じがしてたんですけれど。
帰ってから、もちが嘔吐、下痢。
ちきが下痢。

それが二日ほど続いて、回復したのでもう大丈夫かなあと学校に行かせたら
学校でも大流行とな。

ちきのお迎え途中で、もちが車内でいきなりのリバース。
ちきの迎えを電話でばあばに頼んで、いついっても空いている駆け込み病院へ。
リバッたので全身びしょびしょなため、スーパーでもちの着替えを購入。
この日ちょうど家にはいとこからもちのお下がりが超大量に届いたところでした。
ああ、あの着替えを一組持ってきていれば。
んが、背に腹は変えられぬ(泣)。

トイレで手と顔を洗って、私も手を洗って、病院へ。
保険証も何も持ち合わせてないので自費で(泣)←後から戻ってくる

薬をもらい、やれやれ~と車に戻ると、そうだったー!
車内でリバなので、汚れたところ拭いたけれど乾くと飛沫感染するんだった!
しかも私、豪快に浴びてるし。(合掌)

慌ててマスク、消毒を買い込み、車のシートを消毒して自分も消毒して、
家に帰ったら全着替え。

もちにはおかゆ(少量)を食べさせ、ちきをなるべく離して・・・・・・・・




お風呂上り、元気に走り回っていたちきが、いきなりリバース。


え?と思っていたらまた走って、違う場所で再びリバ(ダメ押し)


ガーン。

気持ちが悪いから走り回ってるのかー!
じゃなくて、
感染ったか!!!


一家全滅の危機です。

でも今日は仕事は休めないので(鬼)
ばあばさんに二人を託して私は行きます。

ばあばにうつったら我が家は終わりだ。
てか私も職場でうつさないように気をつけます。

理詰め7歳児と魔の2歳児

保育園の帰り道、ちきがお腹がすいたと大騒ぎするので
車内でみかんを食べさせました。
運転中なので、もちに剥いてもらうように頼んだところ

ちき「もーもちゃん(もちのこと)、ういて(むいて)」
もち「いいよ♪」

静かになったので、二人で食べていると思ったら
「ねーねーおかーさんあたしも食べたい」
見ると、みかんを独り占めするちきの姿(笑)

新しく出して渡すと、もちは剥き始めました。
剥き終わって食べようかな、というときには、ちきは食べ終わり
じーーーーっと見ています。
焦ったもち、半泣き!
ちき、大騒ぎ!

もちはのんびりやさんな上に几帳面なため
やることなすこと時間がかかります。
こう、要領良くちゃちゃっとやって、パッと食べちゃえばいいのに、とも思うんですが
人がいいところも長所かなあと思っています。

で、仕方が無いので、車を停めて新しく剥いてやり半分ずつ渡しますが
もちは一つ食べて満足したので
「半分も要らないよ、一つだけちょうだい。後はあげるね」
とちきに言いました。

しかーし、この優しい発言も2歳児ちきには理解が出来ず(当然)
「はーぶんこ(半分こ)」命のちきには爆弾発言。

ちき「やー!はーぶんこー!ぎゃー!」
もち「だから、半分も要らないってば!たくさんあげるのにー、何が悪いのよ?」

車内、大騒ぎ(泣)

もちに、気持ちは嬉しいがちきには伝わらないので
半分こして残りはあげるね、と言ってくれと頼んでその場は収まりました。

もちもこんな時期あったのにね。
大きくなったもんだ。

2歳になりました

ちき、2歳になりました。

私の中ではいつまでも赤ちゃんなんですが
そういえば最近は思い通りにならないとかんしゃく起こして突っ伏して泣くので
やっぱり2歳かも。(←魔の2歳児到来)

言葉も真似して上手に話せるようになり
最近のブームは「ハイ、おっぱっちー!」・・・この微妙さがかわゆいのよね。
歌も歌います。
「カントリー・ロード」はもちがよく歌っているのですが
もち「カントリ~ロ~~ド」ちき「お~~~」
「この道~」「い~」
「ずっと~」「お~」
「ゆけば~」「あ~」
って(笑)伸ばすところだけ一緒に歌います。

食べられる物もちきなりに増えてはきました。
でも依然として卵・小麦完全除去はもちろんのこと、油分・塩分・添加物にも弱いので加工品などはまだ避けています。
あ、ココアも撃沈しました。
反応が酷かったのでNG食材に加わりました。
ケーキとかクッキーとか、洋菓子は米粉で代替するにしてもまだまだ無理そうです。

最近は食べるのにムラがあって、ご飯しか食べてないときもある。
食べることよりも車ばっかり気にして、遊ぶのに夢中になっています。
こんなに食べるものが限られているのに、それより車がいいとは。
車、恐るべし。

今回はケーキは作りませんでした。
特にお祝いしませんでしたが、もちが「ちき、おめでとう!」って
何度も言ってくれていました。

ちきの妊娠中はゆったりすることがあまりできず無理することも多かったですが
無事に生まれてきてくれたことにとても感謝しています。
そして、食物にアレルギーがあることがわかり、始めた除去生活。
食アレを正しく捉え受け入れて、食アレっ子育児を悩みながらも前向きに
むしろ楽しんでいる方々にネットで出会えたこと。
ちきを一緒に育てていこう、と受け入れてくれた保育園との出会い。
野菜中心のいくら家にいつもとれたて新鮮野菜を分けてくれる農家さん(ママ友)。
他にもたくさん。
いろんな人との出会いがあって、助けられて、ちきがいること。
本当にありがとう。

研修

怒涛の研修5日間が終了ー。

いきなり土日も研修って何ですか。
私は子持ちの主婦でございます。無茶です。
とは言えず、そんなときに頼りになるのが孫と触れ合いたくてうずうずしている義両親。

「預かるから!」
と張り切ってくれるのは非常にありがたいのですが
義両親のスタンスは、遊び相手。
一日預けるとなると食事の問題が出てきます。
今までは連れて行ってもどこかに行っても必ず弁当などを持っていたので
義両親はちきの食事、アレルギーのことにはノータッチ。
良いと思って食べさせて何かあっては困るのでそれで良かったのですが
これからはそうはいかない。

ちきは弁当持参と思っているであろう義両親を教育せねばなりません。
朝から弁当作ってる時間は無いんです。(←じゃなくて)
鬼嫁、立ち上がる。

まず、食べられる物・食べられない物を大まかにした一覧表を作成。
大まかと言いながら「油分・塩分は痒みを増すので市販品NG」とか
遠慮はありません。

で、下に赤い字で
誤って食べるとショックを起こす可能性あり
救急車で○○総合病院へ。小児科△△先生へ

と記入。

もう一枚の紙には、「じゃあ何を食べるの?」という疑問に答えるべく、食事例。

昼食
白いご飯
焼き魚(味噌漬け・みりん漬けはダメ)
味噌汁(粉末だしはダメ)
ゆで野菜

おやつ
焼き芋
果物(柿、りんご、みかん)

つまり、これらを食わせてくれ、というわけです。

スーパーの隣にある義実家。
魚を買って来て、お昼は焼いて食べさせてね♪という意味なのですが。

続きを読む

始動

ちき、復活しました。
日曜日はもちの授業参観で連れて行き大はしゃぎしたので
月曜日は大事をとって保育園はお休みにしました。
もちも振替でお休みだったので、みんなで買い物に行きました。
(↑全然大事をとってない)

今日、やっと通常通り。
久々にちきは保育園へ。
遅くまで寝ていたのでいつもよりも遅く保育園に着くと
発表会のリハーサルでクラスは空っぽ。
ホールの前に行き、通りかかった先生にちきを預けました。

いつもと違う分離の場面に、ちき、大号泣。
久しぶりの保育園だったこともあったし。
先生は顔はにっこりしながらがしっと凄い力でちきを私から剥がし
ホールへ消えていきました。
遠ざかる、ちきの泣き声。

いつも泣かないので、久々に私もほろっとしそうになりました。
まだまだ「母親」になれない未熟な私をこんなに求めてくれるんだなあって。
車に乗って、事故にも気をつけよう、私は本当に一人じゃないんだって思いました。

続きを読む

下痢始まる

抗生剤に弱いちき。
また今回も下痢が始まってしまった。

一日分飲むと激しく下痢をし、一緒に処方されたビオスリーを飲んでも飲んでも治らない。
ビオスリーを飲んでいるからじゃないか?と思ってしまっていた。

乳には反応の無いちき。
でも、母乳に足した粉ミルクを飲んだ直後に下痢。
貧血を気にした私がフォローアップを飲ませた直後に下痢。
主治医は「偶然」「気のせい」と言う。
ビオスリーも「効いているはず」。

今回の駆け込み医から処方された薬は抗生剤とビオスリーが混ぜてあった。

発熱→下痢に至ったときから空けること半年。
リトライとばかりに飲ませてみたのだ。
一日分飲んで、下痢をしたので薬はストップ。
幸い、こじれずに治まってきた。
少しは強くなったのかな。

でもまだ熱が下がりきらない。

弱ってしまっていて、抱っこかおんぶでべったり。
もうすぐ2歳なのに「ぱいちゅっちゅ(おっぱい)」命のちき。
母乳はほとんど出ていなくて、心の栄養的に咥えている。
ちなみに初めての寝言は「ぱいちゅっちゅ♪」(←すごく幸せそうだった)だ。
卒乳も考えたんだけれど、いつか自分から離れるだろうなあと思っている。
おしゃぶり命だったもちが、親がどんなに離そうとしてもダメだったのに、ある日突然「もういやない(いらない)」とプッとして寝てしまってからは咥えさせても咥えなかったから。
ある日突然、「いらない」って言うんだろうな。
うっ、想像しただけで泣けてきた。
普段は、暇つぶしかただの習慣という感じで求めるのが
こんな風に弱っていると、頻繁に「ぱいちゅっちゅ~~~」となり
マジ吸いするので、出てないし、痛いし、切れるし、で散々です。

体が熱いからか下痢でかぶれもあるのか
全身カユカユで湿疹だらけになっています。
特に、足。お尻の下から太もも、膝裏がざらざらのボコボコ(蕁麻疹ほどではない)。
食べ物は食欲が無くておにぎりしか食べていないので
調子が悪いんだろうなあと思います。

main_line
main_line
プロフィール

いくら

Author:いくら
アレルギー体質な
シングルマザーいくらです。

いろいろあるけれど人生
適当に悩みながら
楽しんでいきましょ。


ちき:3歳
卵・小麦アレルギー
その他数値に出ない
怪しげ食材多数アリ
車、工事車両、電車命

もち:8歳
小児喘息まだまだ継続中
読書大好き小学生

いくつになったの

いくつになったの

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。