スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに

読書メモ。

泣きたくても泣けないのはなぜ?―あなたのこころに潜む40の悩みに答える本泣きたくても泣けないのはなぜ?―あなたのこころに潜む40の悩みに答える本
(2007/08)
大原 敬子

商品詳細を見る



ありゃ、白い本だから↑何がなんだかわかんない写真だねこりゃ。
泣きたくても泣けないときってあるよね。
逆に泣くつもりがないのに泣けちゃうときもある。
人の心ってのは不思議なり。

久しぶりに、この週末は本屋さんへ行きました。
いつも図書館(地区の小さい)なのですが
本がたくさんあってしかも新刊ばっかりってのは見ていて楽しいね~。


実用書が好きなので、いろいろと欲しくなっちゃうのが困りモノだな。



ミシンで着物 綿・麻・ゆかたミシンで着物 綿・麻・ゆかた
(2008/06/05)
やまもとゆみ

商品詳細を見る



えええ~いいのこれ?こんなのあり?みたいな。
かなり現代風アレンジで好き嫌い分かれるかと思うのですが
基本がしっかりしてないとアレンジもできないしね、その辺りは押さえてありそうで
好感が持てました。

着物好きなんですが今は全然ゆとりがなくて
毎日足袋タイプの靴下を履くことしかできてません。


きもので出産!きもので出産!
(2006/12/23)
きくち いま

商品詳細を見る


いいよね。こんなのね。

30代に突入してから自分の好きなものがわかってきて
ライフスタイルって自分で選べるんだなあとしみじみ思います。
周囲に流されてるだけじゃもったいない。
好きなこと、やりたいこと、こうなりたいと思うこと、大人になったんだから
自分で選んで生きていくんだよね。
人生は自分が切り拓くっていうのかな。責任も自分。
そこまで大きなことじゃなくても、ちきのお陰で食べ物を選んで食べることを知ったのと同じように
無理しなくても力を抜いて、自分がなりたい姿になれるために
日々行動していけばいいんだなーって
なんだか今日は改めて思いました。

今はできないなと思っていることなんかも忘れずにいたいな。
子ども達が大きくなったらまた始めたい習い事とか。
時間を見つけてやりたいこととかね。



そして元気をくれるのは

Ultra Pleasure(2CD+DVD)Ultra Pleasure(2CD+DVD)
(2008/06/18)
B’z

商品詳細を見る



やっぱこれでしょ。
スポンサーサイト

最近借りた本

ざっくん!ショベルカーざっくん!ショベルカー
(2008/04)
竹下 文子

商品詳細を見る



ちきお気に入りの本。
もちにはしょっちゅう本を読んでやった記憶があるのですが
どうやらちきにはそれが抜けている模様。
(ちきにはよくもちが読んでやってくれているので。音読にもなるし、一石二鳥?)

この本はバッチリ、ちきの心を掴んだようです。
いろんなショベルカーが出てくるので、親も興味津々。
絵が優しいタッチなので見ていて優しい気持ちになれます。
とても気に入ったので買おうかな~。



ウー・ウェンさんのおうちで食べようクイック麺 (講談社のお料理BOOK)ウー・ウェンさんのおうちで食べようクイック麺 (講談社のお料理BOOK)
(2007/05/25)
ウー ウェン

商品詳細を見る



夏は麺がいい。
元々アジアの屋台なんかで食べられるような香味たっぷりの麺に興味があった(でも作り方を知らなかった)のですが、ちきが小麦が食べられないとわかりそっち系への憧れが爆裂!
ビーフン+香味+酢、サイコー!
この本ではうどんもパスタも素麺も出てくるのですが
それはそれで麺だけ替えたらいいんだもんねー。
ちきが生まれる前は、麺用の汁といえば市販のめんつゆという意識があったのですが
自分で作ればいいんだーと知り、逆に簡単に作れるようになった感じがします。
クイックだよね。麺てね。



工作

私は工作が好きです。

不器用なのではさみでまっすぐ切るのは苦手、
のりをはみ出さないようにつけるのも苦手なのですが
大人になりカッターと両面テープを使えるようになってからというもの
工作が楽しくてたまらなくなりました。
最近はテープのりという便利なものもありますしね。
(文房具大好き♪)

更に100円ショップが普及してから
色ペン、色画用紙にビーズ、モール、といったちょっとしたアイテムが簡単に手に入るようになり
工作に使えそうな素材を見つけては買いたして家にストックしています。

その影響か、もちも何かしら作るのが好きです。
テープを使いすぎるのが気になりますが。

そんなもちのお気に入り本。


折って切ったら遊べる!飾れる!!すてきな切り紙折って切ったら遊べる!飾れる!!すてきな切り紙
(2007/11)
小林 一夫

商品詳細を見る



もうねー、見ているだけで楽しくてわくわくします。
色合いもかわいいのでおしゃれな感じもする。

もちは夢中になりそこらじゅうに折り紙の切れ端が転がっています。



さらに


折って切ったら遊べる!飾れる!!かっこいい切り紙折って切ったら遊べる!飾れる!!かっこいい切り紙
(2007/11)
小林 一夫

商品詳細を見る



これもいい。

アイデア満載です。

もちには、何でも買って与えるのもいいけれど
代用するとか作ってみるという、工夫できる子になって欲しいです。
↑アレっ子を育てているといつも頭にあることですよね。
代替、工夫。
こうじゃなくては、というものではなく発想の転換やアイデアが必要なときってありますよね。
最近のもちは、ちきが食べられないからね、と市販品を諦めさせると必ず
「そうだ!これは~をこうしたら作れるんじゃない?」と言います。
それは無理だろ!と突っ込みたくなることも多いのですが
さすがアレっ子の姉だけあってたまにヒットすることも言うようになりました。
私も、ちきを育ててからだいぶ固定概念がなくなりました。
工作とアレっ子クッキングってそういう意味で(なんとなく)共通項があって。
アイデアはお友達ブログで頂いてこれるし。
だから楽しもうって思えているのかな。


実はこの本、図書館の本なのですが
あまりにも気に入ったので家に欲しい。
ポチッとしてしまおうかな。

料理の本なども

うちのビーフン―お米の麺のおいしいレシピうちのビーフン―お米の麺のおいしいレシピ
(2007/06)
枝元 なほみ

商品詳細を見る


メタボ対策にもバッチリ、今見直されているのが米でできたビーフンよ!
ってな勢いのある本。

普通の料理本なので卵も普通に使っているんですが
見た目オシャレな感じで、小麦のパスタにも負けないぜ、みたいな。
途中、アレルギー対策レシピも載っています。

ただ、アレルギー対策はいいですけれどお米のアレルギーもあるってことを
忘れないで欲しいな、とちょい思いました。
ま、仕方ないですがね。ビーフン会社は今だ!ってところでしょうし。


あな吉さんのゆるベジ料理教室あな吉さんのゆるベジ料理教室
(2008/01/21)
浅倉ユキ

商品詳細を見る


最近こういうタイプの本をよく見かけます。
卵やら乳やら砂糖やら抜き(または控えめ)だと身近な感じがするからか。
深く考えずに勝手に材料を置き換えて作ることに慣れてきたので
(そして味についても深く考えずに食べる)
見ていてとても興味深いです。

増えているんだろうな、食物アレルギーっ子。

もちが目をこすってばかりいるので眼科に連れて行くと
ズバリ花粉症だということでした。
ちきも検査中ですが、限りなくダークだそうで。
どうなっちゃうんだろう、この世の中。

私だって肌が弱くて金属アレルギーなので
化粧もアクセサリーもできず(というより、していない)
非常にシンプルな3△女として生きていますが。
そして今は花粉が辛いのでいつもマスク。

自分で身を守るのは仕方ないとして、
生きている人の多くがアレルギーを抱えるってなんだか変な感じがします。
アレルギーへの理解は欲しいけれど、大多数になればいいってものじゃなくて。
なんで大多数になってきたのか早く解明して欲しい。
食物で言えば、卵や乳や小麦の加工品が多い現実とか
農薬や添加物が必要な輸入、輸出、流通システムとか
旬を無視した生産システムとか。
便利だけに捉われないでそういうところを見直す必要がありそうに思いますが。
でもそこで生活が成り立たなくなってしまう人も必ずいるわけで、そうもいかないんだろうなと(給食の牛乳とか)思いつつ。
ちきやもちにとって生きやすい世の中になってもらいたいものです。

おっきくなりたい

見つめてごらん―気づきと癒しの子育てレッスン見つめてごらん―気づきと癒しの子育てレッスン
(2004/12)
井上 ウィマラ

商品詳細を見る




人のことばっかりで私自身はどうなのよ?みたいな最近ですが。
子どもを育てていると自分の弱点があからさまになりますね。
子どもは自分の姿そっくりになるので、ハッとすることも多いです。
もちが大きくなったので、いわゆる子育て本はあまり読まないのですが
もちがいて、ちきがいて、私がいることが当たり前になりすぎて
忘れていることが多いなあと感じました。



もちがズルッと滑って転び「いったあ~い」と言いました。
横にいたちきが、「だじょぶ?」と言いました。



それを見ていて思いました。
もちは、私がゴツン、とぶつけても「おかーさん、だいじょうぶ?」と聞いてくれるなあ。
だから、ちきももちの真似をして「だじょぶ?」とすぐに出たんだろうなあ。
なのに私は、恐らく、「危ないなあ!」とか「走るからよ!」とか「気をつけなさい!」とか
すぐに注意していると思います。
あああああ、子どもって大きいなあ。
深いなあ。

「痛い」という気持ちを受け入れてあげなくては
その痛みがずっと消化されないよね。

夫のこともリンクするので
いろいろ考えさせられます。

main_line
main_line
プロフィール

Author:いくら
アレルギー体質な
シングルマザーいくらです。

いろいろあるけれど人生
適当に悩みながら
楽しんでいきましょ。


ちき:3歳
卵・小麦アレルギー
その他数値に出ない
怪しげ食材多数アリ
車、工事車両、電車命

もち:8歳
小児喘息まだまだ継続中
読書大好き小学生

いくつになったの

いくつになったの

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。